FC2ブログ
::スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 △ page top


::医療法人 啓生会病院
精神科・神経科

受付は平日9:00~11:30・13:30~16:30
土曜9:00~12:00
日曜・祝日は休診

・住所:東区北27条東20丁目
・地下鉄元町駅よりタクシーで5分前後
 中央バス利用は下記の通り
 北34条駅から東76丘珠北34条線・東78札幌新道線で
「北34東26丁目」下車徒歩4分
 北24条駅から東70元町線で
「北24条東21丁目」(西友元町店前)下車徒歩5分
 環状通東駅から東61丘珠線で「北34東26丁目」下車徒歩4分
 元町駅から東70で「北24条東21丁目」(西友元町店前)
 下車徒歩5分
 新道東駅から東76丘珠北34条線・東78札幌新道線で
「北34東26丁目」下車徒歩4分
・建物は古い感じで、院内に売店なし。隣は元町中学校

keiseikai0000.02-e.jpg

《評価》
雰囲気 ☆
施 設 ☆
立 地 ☆

keiseikai0002-e.jpg

《外来》
私の行った日は院長と思われる診察日だったが、 何ともヒトを小馬鹿にしたような口ぶり。でも、銀ハルget! (2000年12月)

keiseikai0001-e.jpg

《入院》
まず、最初のリスカは昨年(2002年)11月28日だったかと思います。
血をダラダラ流しつつ自分で救急車を呼んだりして。夫も驚いてました。
5日に祖父が亡くなり葬儀一連が済むまでほとんど眠らずにバタバタと
動き回っていました。
全てが終わりどっと疲れが出たのか夜に貧血で倒れました。
しばらく眠ったのち、熱燗でも飲んでまた寝ようとしましたが、勢いづいてかなりのお酒を飲んでしまいました。
それとともに子どもの頃から抱えていた悩みや不満、身内のゴタゴタについての不満、自分に対する不満などが一気に溢れ出し、刃物を探し始めていました。
その音に気づいた夫や身内の者が私の行動を抑え込みました。
それならばと私は長く伸ばしていた爪で完全に塞がっていなかったリスカの跡を傷つけました。
なおも刃物を探そうと暴れる私は救急車で田舎から札幌へ。
啓生会に着くまでのことはあまり記憶にないです。12月10日のことです。
入院承諾書みたいな紙に名前を書き印鑑を押すと、看護士に両脇を抱えられ2階の閉鎖病棟へ。
2~3日は食事を摂れず、ひたすら点滴と爆睡の日々。
やっと食べる気になった食事は最悪。一週間の献立を見るたびウンザリ。ほとんど毎日同じ物ばかり。缶詰を開けて器に入れておしまいみたいな感じ。今じゃ刑務所の方が食事はいいぞ!なんて毎日文句言いながら食べてました。
廊下には監視カメラがあり窓には柵。何をするにも監視されてる感じす。
少し落ち着きを取り戻し周りを見たら「なんで私がこんな所に?」と思う程他の患者は症状の重い人ばかり。
大声で喧嘩していたり、夜中に廊下に自分の荷物を出し「退院させろ!」と怒鳴りちらす人あり、日中ひたすら廊下を往復する人ありでした。
私がいた病室は6人部屋。
明け方4時頃にトイレに行こうと思い、目を開けたら隣の患者が私を覗きこんでた時は驚きました。
その日から必ず4時に目が覚めてしまい半ばノイローゼ気味に。
入院した意味がない、悪化する!…
これじゃいかんと思った私は、夫が面会に来るたび「早く出してぇ~~」と泣き続け、薬の大量服用はしないこと等条件つきで退院できました。
とにかく入院するには最悪でした。
看護士さん、医師ともに悪くはないと思いますが、建物は古いし食事はマズイし。
ただお風呂だけは銭湯並にきれいでしたが…。
3ヵ月の入院予定を無理やり3週間ほどで退院し、現在は通院しています。
もう二度と入院したくないと、日々完治に向けて頑張っています。
(2002年12月入院)
スポンサーサイト
東区/病院 △ page top


::医療社団法人大蔵会 札幌佐藤病院
精神科・神経科・内科・心療内科

診療時間は平日9:00~17:00
土9:00~12:00
日曜・祝日は休診

・住所:東区伏古2条4丁目
・中央バス 地下鉄環状通東駅発 東66東苗穂線・東67伏古線・東68伏古線、JR札幌駅北口発 東64伏古北口線で「伏古2条3丁目」下車(おすすめ)
地下鉄環状通東駅発 東60北15条線・東62本町線・東69北札苗線、JR札幌駅北口発 東63苗穂北口線で「本町2条6丁目」下車
・医師は札医大卒

佐藤病院A.01

《評価》
雰囲気 ☆
施 設 ☆☆
立 地 ☆

《通院》
デイケアメンバーです。
現在新病棟第1期工事終了し、第2期工事進行中で2009年3月建物がすべて新しくなります。
外来用の駐車場もあります。
既出のK先生、マッキーは退職されました。
院長先生は人格者で、目を見てすぐその人の状態がわかり、薬の調合名人です。今まで6年間通ってますが、薬合わないということがなかったです。
外来看護師、薬剤師、管理栄養士、臨床心理士、作業療法士、精神保健福祉士みんな親切で真摯に話を聞いてくれます。ご飯もおいしくなりました。
医師が最近入れ替わりが激しくてそこが問題点ですが、通うにしても、入院するにしてもおすすめの病院です。
(2008年6月)

佐藤病院b

初めての通院からしばらくの間、不定期だったもので外来のドクター全員に一度はあたりました。
最終的に、K先生に『認知行動療法』で治療していただいてます。
K先生は、こちらが話したくない気分のときにでも上手に話を引き出してくれるところと、何よりも時間を取ってくれるところが好きです。
初診でもないのに最高で90分とってもらったり、担当の日ではなくても病院にさえいれば
予約を取った上で診てくれたりします。(本来は予約不可)
M先生やおじいちゃん(通称でごめんなさい)はさすが人気があるようでパイプ椅子まで持ち出して午前中の外来が午後までずれ込んでるのを目撃したこともあります。
おニ方とも診てもらったことがあるのですが、失礼ながら自分にはちょっと合いませんでした。(こればっかりは相性ですから…)
薬局が院外処方に今年から変わったのですが、院外薬局のスタッフさんたちも感じの良い方ばかりです。
自分の場合、ODした事がばれてるので、顔を合わせれば「薬飲みすぎるんじゃないよ」とか、「余ってる薬かえしなさい」とか言われますが、ありがたい事だと感じてます。
(2003年7月~2004年4月通院中)

佐藤病院c

《入院》
今日(2003年7月31日)退院してきました。
佐藤病院に入院するのは4度目でした。
過去、2000年と2001年に2回、欝で入院して、3度目のときは当時の病棟の婦長といざこざがあったりして退院となり、その後ほかの病院を転々としましたが、今年(2003年)の春からまた佐藤病院の外来に通うようになりました。
通院中に糖尿病と診断され、今回は糖尿病の食事療法のための入院です。
と、いっても食事はまずいです。
なにがいいかというと、Dr.がいいんです。
5人の医師がいますが、副院長のM先生は患者にマッキーと言われ(私が勝手につけたら広まった…)したわれています。
今まで9人の医者に診療拒否されてきましたが、(薬まとめて飲むので)マッキーだけは見捨てずにいてくれました。
病院はあまりきれいではありませんが、デイルームは24時間開放されていて、夜中にタバコが吸えるのはありがたいです。
看護婦もわりと親身に話を聞いてくれるし、病棟の婦長もすばらしい人たちです。
でも、外来の婦長は最悪!思いやりがありません。
その他の療法士や検査技師、薬剤師、ケースワーカーもいい人達ばかりです。あ、院長もね!
でも院長の患者は入院期間長くて、マッキーは短いかな。マッキーの患者は多いので、外来は3時間待ち覚悟です。
入院すると週に一回の面談の他、いつでも声をかけてもらえるので安心です。
O先生の外来はいつもガラガラです。
食事だけは最低なので、いつも喫茶に行っていました。
入院中に鬱の症状もなくなり、退院した今は眠剤だけです。
死ぬときはこの病院、マッキーのところで死にたいです。
(2003年6~7月)

母が入院しました。
O医師は、とても勉強熱心です。
家族にもわかりやすく説明してくださいます。
建物(新棟)が明るくて、精神病院っぽい感じがしません。
女の私から見ても、看護士さんが優しい+可愛いです♪
難点は地下鉄・環状通東駅からバスで揺られて10分、車のない方には、お見舞いはキツイです。
(2002年入院)
東区/病院 △ page top


::医療法人 母恋  天使病院
精神科神経科

受付時間は月~金曜8:00~11:00・13:00~15:00
土曜8:00~11:00
日曜・祝日は休診

・住所:東区北12条東3丁目
・地下鉄北13条東駅下車徒歩3分
・入院は受け入れていない
・初診の方はお電話を
・2007年12月より上記名称に
・カード払い可

☆2009年5月1日から小児科外来で精神発達外来が始まります。
第1・4金曜13:30~16:45 予約制


《評価》
雰囲気☆☆
施 設☆☆
立 地☆☆☆

天使病院かれす

《外来》
マリア様だけあって女性子どもにやさしい。
医療スタッフも女性が多く、P科ドクターも2名の女性。
臨床心理士は、女性2名と男性1名。
肩書きのある方のドクターはエキゾチックな顔立ちで美しい感じ。だがしかし、物言いは、はっきりしており、考え方がよい意味で日本人の考え方と一風変わっている。治そうという気を見せれば全力でぶつかってくれる。心理士たちも医師と同様で、メディカルスタッフとコメディカルの連携がよく気持ちよい雰囲気がある。
薬は少ない種類を量で調節してくれる。
ちなみに、水曜午後は物忘れ外来。
また、総合病院でもあるので、他科とのパイプが強力なのも魅力的。
P科の病床がないのはある意味メリットであろう。
カレスアライアンスの経営が騒がれているが、このままの方針であってほしい。
院内に喫煙所があるのは、このご時世珍しい。
(2007年11月通院中)
東区/病院 △ page top


::勤医協 札幌丘珠病院
精神科・神経科・リハビリテーション科・内科・歯科

精神科・神経科については 外来受付は月~金曜9:00~11:00
診療時間は9:00~12:30
土・日曜・祝日・5/1は休診

・住所:東区丘珠町487-4
・2002年4月に全館療養病棟リニューアル
・地下鉄新道東・環状通東駅発、中央バス東76・61番で「北36条東27丁目」下車徒歩5分
 ほかに勤医協バスも運行
札幌病院(白石区菊水)にも精神科・神経科あり

☆丘珠病院での精神科の診療は2008年3月28日で終了。
精神科・神経科は2008年4月1日から、勤医協中央病院そばに「勤医協メンタルクリニック東」として診療所を開設し、外来診療及び精神科デイケア・ショートケア、「もの忘れ外来」を継続。


《評価》
雰囲気 ☆☆
施 設 ☆☆
立 地 ☆

kinni_o0000.jpg

《外来》
精神神経科は科長の医師、医長のK医師(女性)の医師2名体制です。
以前は科長はKさんでしたが、2001年に精神科病棟の閉鎖が決定的となった時点で科長を降りています。
お2人とも精神保健指定医です。 K医長のほうが士気は高いと思います。
患者ですが、統合失調症は多くはなく、気分障害(うつ病など)やアルコール依存症が多い傾向にあります。
新患はなるべく少なくしたいというのが本音じゃないでしょうか。拒否はしないと思いますけれども。。。
外来看護師は定期的に交替しますが、全体的にレベルは高いといえるでしょう。
(時々、変なのがいますが)
問題点として患者のプライバシー保護が不十分であること挙げられます。
外来の構造の問題もからんで来るのですが、外来診察室での会話内容が待合室に聞こえて来ます。
それから、2診のドアのすぐ横にイスが置いてあります。患者が会話を聞いていることも十分にありえます。
設備は「必要なものは揃っている」といえる状況にあります。
CT装置(ヘリカルスキャン方式ではない)や内視鏡も導入されています。
まあ、可もなく不可もなくといったところでしょうか。
(2003年9月通院中)
東区/病院 △ page top


| home |
Copyright © 2018 the★札幌精神病院★ミシュラン , All rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。