FC2ブログ
::スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 △ page top


::医療法人北仁会 旭山病院
内科・精神科・神経科・歯科・放射線科

受付は月~金9:00~11:30、13:30~15:30
診察開始は9:30頃から
土・日・祝日・開院記念日(2/1)休診

・旭山病院バス運行
 乗り場は地下鉄円山公園駅4番出口を出て円山公園側の駐車場前
 円山公園→病院1日9便・病院→円山公園1日10便
 (土・日曜・祝日は一部運休)
 西友旭ヶ丘店にも止まる(止まらない便もある)
・緑に囲まれた丘の上に立地、旭山公園が近い
・元ホテルとして設計されたという噂
・2008年10月より予約制

2002_1006hospital0001.jpg

《評価》
雰囲気 ☆☆
施 設 ☆☆
立 地 ☆

《外来》
ロビーは明るすぎない照明で落ち着ける雰囲気。
診察の順番が来るとたいへん丁寧に案内してくれる。
予約制でないので、時にとても待つが、 午前や午後の受付終了直前に滑り込むと、比較的待ち時間が少ない。
診察時間は私には適度で、薬の処方も合っているように思う。
しかし、ここの薬局(院内処方の場合)は粉薬が多く、クスリが出るのに結構時間がかかる。
平日のみ15:30までの受付なので、通院はなかなかキツイかも。
ちなみに、アルコール外来あり。こちらは初診予約がいるようです。
(2002年秋通院中)

asahiyama0000.jpg

《入院》
うつによる自傷がひどくなり自宅療養をすすめられましたが、自宅に篭っていると親との争いが耐えなかったので、休養目的で入院しました。この病院から厚別区のクリニックに週1回派遣されているH先生の紹介です。
5-1病棟という急性期の閉鎖病棟でした。長くて3ヶ月の入院です。
閉鎖病棟でしたが、主治医の判断で院内散歩(この間に携帯をチェックできる)やバスに乗って近所のスーパー、さらには地下鉄もOKと徐々に行動範囲を広げてくれるようでした。
部屋は3人部屋、4人部屋が1室ずつ(いずれも女性)、6人部屋が2室(女性)、7,8人部屋が2室(男性)だったと思います。
個室は6室あり、全ての部屋に監視カメラがついていました。保護室は扉は2つ、4人まで。常に「詰所」と呼ばれるナースステーションでカーテンなしで監視していたので患者も誰が入ってるか見えていました(苦笑)。
年齢層は20代前半~お年寄りと呼ばれる年代の人まで様々で、満床になることは少なく、6人部屋でも実際は4人などだったようです(入院仲間・談)。
はじめ主治医は3人部屋を予約してくれていましたが、私の入院日に保護室から出てきた女性を3人部屋に入れたため、4人部屋に通されました。3人部屋が空き次第すぐに移動させてくれるという配慮をしてもらったのですが、それが失敗でした。
看護師の伝達が悪いようで、3人部屋が空いているから移動していいと言われ、全て荷物を運んだ直後に「やっぱり予約があったから(4人部屋に)戻れ」と言われ、戻らなくてはなりませんでした。看護師・看護助手の誰一人として移動を手伝ってくれませんでした。
ほかにも「食事が食べれないので栄養士と相談したい」と伝えても栄養士が来ないので、別の看護師に栄養科に伝わってるか聞くと伝わっておらず、看護記録にも書かれていないなどということがよくありました。
ですが、朝、昼、夕方の申し送りの後はかならず担当患者のところへ来て今日の調子はどうかなどを聞いてくれたり、何かストレスを感じることがあれば「詰所」でゆっくり話を聞いてアドバイスをくれるなど、患者のことはよく考えてくれているようでした。
ただ、夜勤の看護師(3~4人体制)は、夜7時から8時にかけて一斉に夕食をとりに行き「詰所」に人は誰もいなくなるのは問題だと思います。
主治医は、始めは大部屋(といっても4人)でストレスをあえて感じさせ、発散方法を自傷以外で見つけ、それから休養させることを考えていたようです。ちょうど休養に移る時期に3人部屋の人が退院し、ようやく私に部屋の移動が認められました。
ところが、3人部屋の横のベッドの人から顔を見た瞬間に嫌われ(理由はわかりません)、ベッドや荷物に水を掛けられるなどの嫌がらせを受け、わずか数時間後には個室に移動することになりました。
個室で休養を取り社会復帰を考えていましたが、その隣のベッドの人が個室に勝手に入ってくるので、怖くなり個室のドアの鍵を閉めてもらいました。しかし、ドアを蹴り、外から「死んでしまえ」と叫ばれるなど、非常なストレスというか恐怖が降りてきてしまいました。
翌日はなぜかオートロックが解除されていたので部屋に入って来て、ナースコールを呼んでもなかなか来てくれないことがあるなど大変でした。
私は外出許可が下りていましたので、土曜日に診察もないので外出しようとすると、「もう死んで帰ってくるな」と詰所で大声で叫ばれました。詰所には看護師が3~4人いたにもかかわらず「そういうこと言っちゃダメだよ」などと注意する看護師は1人もいませんでした。
その日、外出先でリストカットをしてしまい警察にお世話になったあと、一旦病院に帰ったもののまた同じことが起きるのは目に見えているので、その日は外泊届けを出して自宅に帰り、主治医が出勤してくる月曜日まで自宅に戻りました。
そして月曜に病院へ行き、主治医と話すと、「本当はしっかり休ませたかったんだけど、保護室もあいていないし、個室に行く廊下の鍵を閉めるとほかの患者さんの生活が不自由になってしまう。あなたを守るために、退院が一番いいと思う」ということで即日退院を決め、逃げるように病棟をあとにしました。
「詰所」ではその日の日勤の看護師全員から「最後までごめんなさい」と謝られました。
割といい病院という印象をもっていましたが、時々そのような攻撃性の高い患者さんが入るため、注意が必要かもしれません。その患者さんのことで結局うつは悪化するわ休養はできないわで最悪の印象を持ちました。
(2008年11月末から12月中~下旬)

2002_1006hospital0000.jpg


まず第一印象、とてつもなくぬる~い病院。アメニティにこだわる方々には、オススメできません。
でも、スタッフはいい人たちばかりで、大自然環境も療養にはいいです。
3F病棟(多分解放)に、数週間お世話になりました。3Fから上は、昔ながらの鉄格子。
以前あったと書かれている、男女トイレはなく、男子便器にはブルーシートがかけられて(画像参照)、女子専用になり、廊下も以前書かれているのがウソかのように、静かです。
旭山トイレ2008_12
廊下出窓に陶器の鉢植えが並んでいて、院内感染予防に“お見舞いの生花はご遠慮ください"という時代なのにと、びっくりしました。
もちろん、虫が多く、虫に刺されないかと毎晩不安でした。
朝起きたら、掛け布団に虫が死んでる、大自然の中のダイナミックな環境は療養にはいいかと。
それに、今時有り得ないと思われそうですが、8人部屋です。
一応、カーテンは全部閉めてOKで、個室みたいなもんですが。喫煙は24時間できます。
ボーダー専門の医師がいるようでした。何となく気象予報士っぽい先生です。
どうやら粉薬が好きらしく、必ず粉薬が出ます。
看護師は、私服にエプロンで親しみやすいし、辛いとき話にとことん付き合ってくれる、結構良心的看護師が多いですが、中には…。全体的には、看護レベル悪くはないと思います。
ご飯は、自分で作ることを考えたら、ありがたいものです。文句は言えないと思います。入院患者、みなさん文句言ってますが。
元ホテルだけあり、大浴場はいいですね。ラウンジはプールだったらしいです。
社会的入院が多い感じ。病棟に夫婦がいたり、筋彫りやがっつし彫りなどの、そちらの方々がワサワサいたり、人生勉強になりました。
(2008年夏入院)

一番強い眠剤、イソミタールを使っても、全く眠れないほどひどい不眠に悩んでいました。
幸い夏休みを利用して、1週間だけの超短期入院することが決まりました。
とにかく世間から少し離れて睡眠のリズムを取り戻そうと思ったのです。
そして案内されたのは開放病棟の3‐1でした。
病院の外見はわりときれい、特に1階はとってもきれいでしたが、病棟はちょっと古いなと思いました。
まず、この病院の不満点はプライバシーの配慮がなさすぎるという点です。
洗面所の奥に男女共用トイレがあるなんて!しかもドアは開きっぱなし!
病室は8人部屋でしたが、前に入院していた病院はもっと狭かったので仕方ないかと思いました。
それはともかく、男女の患者さんの部屋が特に配慮なく配置されているではないですか!
カーテンで一応仕切りはあるものの、ドアは開けっ放しで廊下を歩くとどの部屋も丸見えなんです。
そして病室の前の廊下。出窓風になっていて、患者さんがおしゃべりしているので、うるさいったらありゃしない。
しかも、液晶TVを持ち込んでいる人がいてその音が聞こえたり、最悪だったのはラジカセを廊下に持ち出し、
夜に大音量で音楽をかける人がいたことです。
なのに誰も何も気にしないのか、「今日は何を聞くの?」と言っている声まで聞こえました。
食事は部屋食でした。みんな一人で黙々と食べるのがなんとなく不思議でした。
ほかの病院では食堂だったので。味は普通~まずいというところでしょうか。
同室の人はおばさんが多く、本当にみんな長くここにいるんだな~という感じです。
とにかくこの病棟はあまりにも私にはうるさすぎました。
2日目、3日目と不眠はひどくなる一方で、結局、先生にわけを話して4日で退院。
「プライバシーの配慮がない」「部屋で静かに過ごせない、うるさい患者が多い」ということで
ここには二度と入院したくないと思いました。
(2002年8月入院)

抑鬱状態で開放病棟に入った。いいのか?と思うほど超開放的で、荷物検査も何もなかった。
いろんな人がいた。抑鬱、躁鬱、分裂(現・統合失調症)、てんかん、知的障害、不眠、痴呆?・・・
さらに何の病気かわからない人、ホントは病気じゃない人。閉鎖から降りて来る人もいた。
1時間以内の外出はボードに名前、行先、時間を書けばOK。
旭山公園への散歩なども奨励されていた。
9時発の病院バスは、西友への買物客でいっぱい。(当時は10時まで5%OFFだった)
作業療法はどこかでやってるらしく、ワープロや料理を習いに行っている人がいたがよくわからない。 病棟のデイルームでときどき手芸や皮細工を、たら~っとやってる日はあった。
体育館が使える曜日があり、卓球、バレーなどが楽しめた。
TVは5人の署名で週3回23:00まで延長可。
麻雀もよくやった。病院バスでレクにも出かけた。
全体的に何となくいい加減な感じで、居心地が良かった。毎日のように面白いことも起きたし。
その他、お風呂は広くてなかなか良いが、病棟のトイレは最悪。
食事は皆まずいと言う。何もしなくてもごはんが食べられるのだから文句はなかったが、それでも「味見してるのか?」ということもあった。
主治医は、よく病棟に顔を出し、患者の様子を観ているようだった。
(2001年春~夏入院)
スポンサーサイト
中央区/病院 △ page top


::医療法人社団正心会 岡本病院
精神科・神経科・内科

受付は平日9:00~11:30、13:30~16:30
土曜9:00~11:30、13:30~15:00
日曜・祝日は休診

・住所:中央区北7条西26丁目
・建物は古い感じ、隣は公園
・ JR札幌駅発
  55・57 札樽線(JRバス)
  地下鉄宮の沢駅発
  66 札樽線(JRバス)
・中央バス 札幌ターミナル発
  小樽線(桂岡経由) (中目降車)
・地下鉄西28丁目駅と二十四軒駅の中間くらい
・児童福祉総合センター北側
・精神科・神経科と内科は別玄関

okamoto0000.jpg

《評価》
雰囲気 ☆
施 設 ☆
立 地 ☆☆

okamoto0002.jpg

《外来》
情報募集中

okamoto0001.jpg

《入院》
母が入院予定先のベッドが空くまでの1週間ほど入院したのですが、
看護士さんはガタイのいい頼れるおばさま方が多いです。
西28丁目駅から徒歩5分の立地は、お見舞いに魅力的。
あと事務の方がとても手際よいです。
ただ、精神科病棟までの迷路のような道が…夕方行くと怖いです。
(2002年入院)

「精神科病棟じゃなくて療養型内科病棟で2週間ほど過ごしました。
欝の治りかけの人とか、軽い神経症レベルの人が入るみたい。
糖尿の人とかもいっしょで、何もかも自由。内科の入院と同じ感覚です。精神科病棟だと余計に具合悪くなりそうな人にはおすすめ。 希望してそこに入れるかはわからないけど。ドクターも感じ良かったです」
(2ch過去ログより)
中央区/病院 △ page top


::医療法人社団慶愛会 札幌花園病院
神科・神経科・内科

診療は月・火・水・金曜9:00~12:30・13:00~17:00
木・土曜9:00~12:30
日曜・祝日・6/15・8/1・8/15は休診

・住所:中央区南15条西15丁目
・市電西線14条下車、南へ1丁、西へ半丁(徒歩3分)
・院内に売店なし、コンビニまで徒歩1分
・割と新しくきれいな病院

hanazono0000.jpg

《評価》
雰囲気 ☆☆
施 設 ☆☆☆
立 地 ☆☆☆

《外来》
病院自体は極めて綺麗です。受付も丁寧です。トイレも綺麗です。
トイレの綺麗な病院は衛生的にも行き届いているだろう(笑)と思われるのでそこの点は評価できます。
院長は男性。副院長は女性。他に女性の医師が1人と男性の医師が数人います。
私は副院長ではない女性医師に診ていただいています。
割とおっとりしていて話を十分に聞いてくれます。
最後に何か質問はございませんか?と聞いてくださるあたりは好感が持てます。
診察時間は割と多めにとってくれます。
薬の出し方は微妙な感じがしますが…まあ、いい先生だと思います。
待ち時間は日によって異なります。
不思議と混んでいる日とそうでない日がありますがその原因は不明です。
(入院患者が降りてきているだけなのかもしれないので判断は難しいですが)
それほど待たされることはないです。多くても1時間半です。
ただ診察後、薬の待ち時間もあります。30分以内がほとんどですが長く感じることもあります。
外来患者の待つところには、入院患者が降りてきて喫煙所でいつも談笑しています。
また、以前入院していたと思われる外来患者も加わっているようです。
少々煙いです。割と普通そうな方が多いです。
ちなみに婦長と思われる方はちょっと威圧感があります。
私自身多くの病院に行っていないので相対的な評価はできませんが、混み方などから察するに平均的なのではないでしょうか。
ものすごく繁盛しているというわけでもないし患者が極端に少ないわけでもないので。
(2003年7月通院中)

hanazono0002.jpg

建物は綺麗で受付の対応も丁寧です。雰囲気的には気軽に入れる感じです。
先生は女医さんが1名(40歳位)、男性医師が4人位で1名はゴッツイ方です。 (僕の主治医でしたが、実際は優しい先生です)
予約も出来ますが、予約無しでも待ち時間は短いです。
処方箋もすぐ出てきます。スムーズで待ち時間も割と短い。
(2001年11月~2002年2月年通院)

鬱病で、花園さんに半年通っていました。 その時は、とにかく身体がだるくて、眠れない、リスカ。 Dr.はHDr.だったと記憶しています。
私は威圧感を感じて、言いたいことがなかなか言えず、あまり対応もしてもらえませんでした。
漢方を出されて、とにかくすがる思いで毎日大量に飲んでいました。
しかし効果がなく、だんだん死にたいと思うようになりました。 あまりにその思いが強くなったので、
その旨をDr.に伝えましたが、 漢方が増えただけでした。
その3日後、職場へ全く行けなくなり、1ヵ月休職をすることになり、病院も変えました。
(2000年5~10月通院) 

《入院》
hanazono0001.jpg

夜中に錯乱状態になっているところを友人に取り押さえられ、
救急病院へ搬送された。
薬物中毒で人格障害を起こしているようだとのことで、
目覚めしな札幌花園病院に転送され、即入院。
主治医は副院長のK女医だった。
(実は、1999年にも一度この病院の閉鎖に入院したことがある。
改装前で院内は古くて汚く、暗い。霊安室の前を通って病棟にあがった記憶が…
暴れてもないのに鎮静剤?を注射されたり、あまりの恐怖に耐えられず、数日無理や
り退院。今回は改装後で、まるで別世界のようだった)
私が入ったのは4階の、男女混合閉鎖病棟。デイルームは広く、窓が多くて明るい。
ガラス張りの喫煙室(デイルームの端、ナースステーションのまん前)は8人位迄なら一度に入れる広さ。
ライターは看護士さんに言えば出してくれる。
タバコに関しては規制が緩いようで、未成年の喫煙も黙認?
風呂は週2回。こちらも広くて綺麗。トイレの入り口には監視カメラ。
当時はだいたい4人でひと部屋利用。鍵なし。保護室が1つか2つあり、こちらは鍵をかけられる。
鉄格子はなく、窓は10センチくらいしか開かない構造。
症状が落ち着いて主治医の許可がおりれば、平日10時と3時、看護士同伴で一階の売店で買物ができる。
売店は品薄、飲料に関しては新製品もちらほら。
雑誌類も欲しかったが、狭いのでスペース的に無理なのか置いてなかった。
おこずかいは病院に預け、週に一度必要な金額を紙に書いて提出すると貰える、という形だったと思う。
食事はイマイチ。油揚げの味噌汁が定番で、油揚げが嫌いになった。魚のフライも多かった。
印象的だったのは巨大なおはぎ。出る前から患者間で「でかいよ!」と評判に…ホントにでかかった。
全体的に、とてもカロリー計算してあるとは思えない。
ごはん食、おかゆ食と選べ、おかずに多少の違いがあった。
「胃の調子が悪いからおかゆにしてくれ」と事前に頼むと変更してくれる。
おかゆ食の方がおかずに工夫(消化によく比較的低カロリーであろう食材・調理法など)がある。
若い女性患者で希望する人は多かったが、摂食障害で入院している場合「そろそろご飯食にしたら?」とうるさく言われる。
半ば強制的にご飯食に戻されることも。
デイルーム横に給湯室があり、食事の時はそこで各自お茶をくむ。
看護士さんの個性が強かった。婦長と主任は厳しい。
若い看護婦さんでも堂々としていて、頼りない感じはしない。中堅?の看護婦さん達が一番優しい。
が、ひとりだけ苦手な人もいた。ものすごく太ってて、いつもヒステリックにがなってる人。
患者の間でとても評判が悪かった。ほかの看護婦さんも見かねていたようだ。
面会は基本的に近親者、一日に15分まで。(多少伸びても問題ないよう)
近親者以外は、主治医の許可を予めとっていないと許可されない場合もある。
小樽から尋ねてくれた友人を無断で帰されて腹がたったことも。
電話の取次ぎも症状によっては規制される。
主治医には2日に一度会えるかどうか…週に一度個人面談のようなものがある。
「調子はどうですか?」「では、もう少し様子を見ましょう」の繰り返しで、あとはひたすら薬物治療。
たいした治療を受けた記憶はないが、ここに入院して6年続いた鬱がすっからかんに抜けたので、感謝している。
というか、こういう病気はどういう状態を完治と言えるのかよく分からないけど、
圧倒的に楽になったことだけは確か。
今までなんだったんだろうと拍子抜けした。主治医と薬が良かったのか…。
退院してから聞いた診断名は「Personality disorder」というものだった。
(2001年3月~5月末入院)
中央区/病院 △ page top


::医療法人社団健心会 桑園病院
心療内科・精神科・神経科

受付は平日9:00~12:00・13:00~17:00
土曜9:00~12:00
日曜・祝日は休診

・住所:中央区北12条西15丁目
・2002年初夏、全面改築
・JR桑園駅西口そば

souen0002.jpg

《評価》
雰囲気 ☆☆
施 設 ☆☆☆
立 地 ☆☆☆

《外来》
中学3年の頃うつ状態とひどい不眠で2ヶ月程通いましたが、結構高齢の女性医師に「将来依存症になったら困るから18才未満には薬は出せない」と言われ、カウンセリングを受けることになりましたが、改善せず通院をやめました。
18才以上になって掛川クリニックを経てからうつ状態、過食嘔吐、不眠でもう一度行きましたが同じ女性医師にあたり、「(同じ理由)~未成年に薬は出せない」と言われました。当時パキシルを一日40mg飲んでいたため、急な断薬は耐えられないので通院を断念しました。
(2008月12月投稿)

女性医師を見た瞬間嫌な予感がしました。
そして数瞬の後、その予感は現実のものとなりました。
一言「我慢汁!」とだけ言われました。
確かに究極そうなのですが、もうちょっと何かあってもいいだろうとは今思います。
(2007年11月)

2004年10月、仕事により3ヵ月前から断続的にくる不安感が原因で、仕事自体ままならずといった状態になり、とりあえず近場の病院ということで桑園病院を受診しました。
うつ状態ということで2005年4月現在通院中です。
初診のみ予約ということで、電話をしました。
10時などときっちりした時間ではなく「では、午前中に来てくださいね」と時間に幅をもたせてくれたのが自分にはありがたかったです。
午前中は混んでいます。午後は比較的すいていますので先生とゆっくり会話したいなら午後がお勧めだと思います。
病院内は本当に綺麗で、職員も優しく感じの良い方が多いように思いました。
待合室も説明が難しいのですが、2~3人おきに場所があいていて必要以上に他人と顔をあわせなくてすみます。
ちょっと病院の場所がわかりにくいですけどね。
私を診てくれたのは、以前体験談に「扇千景大臣を細くした感じ。喋り方までそっくり」と書かれている方がいましたが、まさにこの人です。
泣いてうまく話せないだろうと思い(実際そうなりました)紙に症状を書いて渡したのですが、
その紙を見ながら症状の上から順に矢継ぎ早に質問をされ、すっかり私はびびってしまいました。
かなり怖かったです。でも後で考えてみると指摘は全て的確だったなと思います。
「こんな若い人に責任負わせてひどい会社ね」「やめてしまってもいいのよ」など共感してくれつつ、上からの態度でずばっと。
診察時間は20分ほどで薬を処方されて終わりでした。
誰かが入ってくるということはなかったんですけど、
内線の電話が入ることはあるので落ち着かない方もいるかも。
ちなみに、今までの病院感覚で私は行っていたので、次はじゃあいつ来てください、と言われなくて不安になりました。
2回目以降は好きなときに予約しないで行って、薬がきれたらまた行くみたいな感じで良いようですが、これが普通なんでしょうか?
そんなこんなで怖い思いをした私は、もうイキタクナイとは思ったんですが、2回目、薬を飲むとやっぱり普段より調子がよいのでまた行きました。
するとあんなに怖かった先生が、優しくなったように感じました。
ずばっと言うところも小気味いい。
もしかするとこの先生第一印象で損するタイプなのかも。
1回目で怖いと思った方も、もう1度行くと印象変わるかもしれません。
この先生に限って言えば、「うんうん」と共感してくれるよりも奮い立たせてくれるタイプだと勝手に私は思っています。
印象に残ってる言葉は「何か起きる前に心配するよりも、起きてから心配すればいいのだから」です。
その後何回か通いましたが、薬は比較的すぐ処方してくれるような印象があります。
やっていませんが、これこれこういう症状に効くのを、といったらすぐそれも対応してくれそう。
何回目かになると「前回と変えないで大丈夫よね?」
「またお願いします」
こんな感じで処方箋をもらうために受診しているような感じですぐ終わることもあったもので。
私の症状が軽いことも関係しているとは思いますが。
薬局は病院の向かいにあります。
混んでいる事もなく待たずに5分ほどで受け取れることが多かったです。
(2004年10月~2005年4月通院中)

souen0001.jpg

2003年4月の末に、身体の不調が最高潮に達し、家族からの勧めで生まれて初めて、とある札幌市内の精神科を受診しました。
そこは医師も看護師も感じが良く、やはり受診して良かったと心から思いました。
しかし私を診てくれる先生の曜日と私の受診出来る曜日が、仕事の都合上合わせるのが大変で看護師に相談した結果、薬の内容書を持ってかかりやすい病院へ移るのも方法のひとつだと言われ、選んだ病院がここのサイトで見つけた桑園病院でした。
書き込みされている内容から判断するしかなかったのですが、なるべくきれいで医師の感じも良い病院が良いと思っていたので早速事情を説明すると、受診してくださいと言われました。
確かに外観や内装は精神科とは思えないほど綺麗で、特に内装に関してはかなり凝った造りになっていましたが、受診の感想は最悪です!
まず、私の担当になった医師は、理事長の女性で年輩の方でした。
(扇千景大臣を細くした感じ。喋り方までそっくり)
私は精神科を受診する人の中では軽い方なのかもしれませんが(鬱です)、まず全然話を聞いていないのです。
なるべく簡潔に、わかりやすく、詳しく自分の身体の状態を説明するため、あらかじめメモにまとめておき、時折メモを見ながら話したのですが、私が話している間に(診察時間は15分程度で終了)少なくとも内線で4回は電話が入り、医師の携帯にメールも入って来ました。
その都度突然診察は中断されます。こんなですから私の話を聞いていないのも当然ですが…。
それに診察室は完全に独立しているのですが、初診で診察しているにも関わらず、看護師や他のスタッフなどが何度も診察室を出入りしてきて全然落ち着ける雰囲気ではありませんでした。
逆に忙しいのに申し訳無いという気持ちで一杯になりました。
内線電話の応対やスタッフとのやりとりは、素人の私からみても、緊急を要する物とは決して思えなかったし、逆に新患の診察くらい受付や事務などで把握して内線などを直接診察室に繋がないように考慮してほしいものです。
医師との相性は誰にでもあるとは思いますが、やはりただカルテに書き込むだけじゃなく、ちゃんと話を聞いてくれ、ある程度は自分に共感してくれていると感じたい患者がほとんどじゃないでしょうか??
最後に落ちがあるのですが、その医師は突然勝手に診察を切り上げ「今日はこんなに患者さんが待っているから(と言いながらカルテのような物を私に見せ)このくらいで終わっても良いかしら?」と言ったのす!
信じられませんでした。
精神科を初めて受診してから1ヵ月半しか経っていないのですが、精神科という所はみんなこうなのかと疑ってしまうほどショックでした。
皆さん病院選びは外観や雰囲気では決して無いということをよくふまえて受診することをお勧めします。
病院全体の否定ではなく、この理事長といわれる大変偉そうな態度のおばさんについてのコメントですので、受診の際の参考にしてください。
(2003年6月)

初診は2001年月5月頃。強迫観念による頻尿で悩まされていた。
タウンページでいろいろ探して電話をかけたが、どこも予約がすぐにはとれず。
しかし「ここは予約なしなので、今すぐにでも」と電話で言われ、すがる気持ちで病院へ。
最初、場所がわからず何度も電話をしたがそのたび親切に教えてくれた。
やっと辿り着いた時は、病院の前で受付のお姉さんが手を振って迎えてくれて、涙が出そうになった。
午前中はかなり込み合うので、午後に行く方が良いかも。
先生は全部で4人。私の担当は副院長で女性。お年を召した方。
副院長が不在の際に受けた一番若い女医さんも良い印象でよく話を聞いてくれる感じだった。
副院長には1年半以上お世話になっているが、私には良く合うと思う。
いつまでも泣き続けたり話し続けたりしても、ずっと待ってくれるし、きちんと聞いてくれる。
時々ズバッと「おむつすれば?」とか「仕事やめなさい」とか言われるが、それは的確な答えだと納得出来るので先生を信用している。
現在は抑うつのリハビリでデイケアにも通っている。9時半から3時まで。
入院時の作業療法と同じような事や、時々、皆で美術館や映画館、体育館等、外へ出かけたりもする。
デイケア室のコーヒーは美味しい。サッポロ珈琲館の豆を使用。
デイケアの指導員は親身になって話を聞いてくれるので指導員と話すのは楽しい。
うつの時はよく指導員の前で泣いて慰めてもらう。
デイケアの前と後に受付を通らなければいけないのだが、受付のお姉さんは皆、感じが良い。
(2003年1月通院中)

こんな感じのやりとりでした。。
「眠れないし、薬が無いと困るんで来たんですけど...」
Dr.「何飲んでたの?何がほしい?」
「ロヒプノールとべゲタミンAとコントミンとか...」
Dr.「紹介状は?」
「無いですけど...」
Dr.「なら出せないし診ることも出来ません。前の病院に行けば?」
「ここで診てほしいんですけど...」
Dr.「出来ません」
「どうしても?」
Dr.「だめ、お金はいらないから」
最低です。
(2002年春)

souen0000.jpg

《入院》
2階準解放、3階閉鎖、4階解放(男)5階解放(女)だったが、現在は4階が女で5階が男らしい。
私は抑うつ状態で、2階の準解放に1週間、その後5階の解放に2ヶ月入院した。
準解放は夜9時以降、鍵がかけられ、部屋から出ることができない。
ライターは禁止。喫煙所の中に鎖で繋がれたライターを利用する。
ガラス張りで、詰め所からまる見えの位置にある。
解放はとても開放的。夜中でも部屋の鍵はかからない。
部屋は主に4人ずつで、広々としている。改築間もないので、どこも清潔感がある。
部屋にテレビは無く、各階のデイルームで見る。
解放では、とても楽しく入院ライフを送っている、この道20年という患者が多い。
土日祝以外行われる作業療法(料理、パソコン、園芸、軽スポーツ、ヨガ、陶芸、革細工、籐工芸、囲碁将棋等)を昼間は楽しみ、夜はデイルームで患者同志で語らい、テレビを楽しむ。
昼休みの1時間半と、土日は外出が出来る。普段は近所のダイエーへ行っていた。
ちょっと足を伸ばせば、歩いて札幌駅にも行ける。
最近できたジャスコ桑園店は患者のたまり場になっているだろう。
病状によっては、許可を貰えば外出も外泊も自由にできるので嬉しい。
無理して社会復帰するより、ここで一生を送った方が楽しいと考える患者が多い事には驚かされた。
(2002年6~7月入院)
中央区/病院 △ page top


::医療法人慈藻会 平松記念病院
精神科・神経科・内科

新患受付9:00~11:00・13:00~15:00
再来受付9:00~11:30・13:00~15:00
土曜は第2・4以外の午前中のみ診療
第2・4土曜・日曜・祝日は休診

・住所:中央区南22条西14丁目
・中央図書館隣り、電停前で交通アクセス良好
・徒歩2分圏内にスーパー、コンビニあり

hiramatu0001.jpg

《評価》
雰囲気 ☆☆
施 設 ☆☆☆
立 地 ☆☆☆

《外来》
過去に入院したことがあったので、リスカとODの治療のため入院を希望して、評判が
いいと聞いていた中年のM医師に診察を受けました。
しかし、納得のいかない説明を受け、入院も外来治療も断られ、私はパニックになってしまいました。
看護婦が「付き添いの家族の方を呼びますか?」と声をかけてくれましたが、
医師は「呼ばなくていい」と言って、私は追い出されるように診察室を後にしました。。
薬は処方してくれましたが、薬を待っている間、過呼吸がおきても何ら処置もしてくれないという状態。
他人の評判をうかつに信じるものではないなと痛感しました。
外来の待合室には今どきの若い女性が多かったと記憶しています。
(2003年9月頃)

hiramatu0000.jpg

どこもそうだろうが、雰囲気はあまり良くない。
入院患者の同窓会的存在でうるさい患者ばかり。
私は体調が悪くて通院してるのに、話しかけてきたりでいい迷惑。
副医院長のT医師(女医)は腕がいい。
T医師の日はとても混む。
(2002年秋通院)

hiramatu0002.jpg

《入院》
私が入院した病棟は、旧棟の5棟と呼ばれ、男女混合開放病棟。
ちなみに、新棟は閉鎖各種と老人病棟(写真は新棟)。
各ベッドにTV付き。最近、給食の業者が変わってとても美味しいらしい。
入院1週間は安静期間として外出は不可だが、その後は割と自由。
しかし札幌イチ、ガードが堅いと思われ、あらゆるところに鍵がかかっている。
作業療法室へ行くにも看護婦さんに鍵を開けてもらわねばならない。
おまけにライター所持は禁止で煙草に火をつけるのは蚊取り線香。
開放という名の閉鎖のようだ。
また、入院患者が外来に行くのは禁止。
外来から病棟へ行くのも禁止、というか鍵がかかっていて行けないようになっている。
院長が担当医だと入院期間が長くなると言われていた。
(2002年夏入院)
中央区/病院 △ page top


::NTT東日本札幌病院
精神神経科

診療は月・水曜8:20~11:00
火・木・金曜8:20~11:00、13:00~15:30
土・日曜・祝日は休診

・住所:中央区南1条西15丁目
・市電西15丁目下車徒歩1分、地下鉄西18丁目駅5番出口から徒歩5分
・2002年全面改築
・入院受け入れなし

NTTnew

《評価》
雰囲気 ☆☆
施 設 ☆☆☆
立 地 ☆☆☆

ntt_sapporo0004.jpg

《外来》
あまりお勧めできない感じです。
「待合室は耳鼻科、歯科口腔外科、精神科が同じです。
患者さんが混ぜこぜに座ってて、ちょっと視線が辛い…」
「先生は話ししても聞いてないような感じがしますね」
「朝1錠、夜1錠。ロヒプノール2mg。 何で朝から眠剤のまなあかんねん!」
「すんごいドライな先生だよ。 なんか気がぬけた感じ。 やる気なさげだった」
(2ch過去ログより)
中央区/病院 △ page top


::札幌医科大学付属病院
精神神経科

新患受付は9:00~11:00(再診8:00~11:00または予約時間まで)
土・日曜・祝日は休診

・住所:札幌市中央区南1条西16丁目
・外来診療は予約制で、初めて受診する時は待たされる場合がある
・市電「西15丁目」下車西へ徒歩5分、地下鉄「西18丁目駅」5番出口から南へ徒歩5分
・JRバス「医大病院前」下車
  【51】啓明線:札駅バスターミナル~啓明ターミナル
  【54】北5条線:札駅西武前~JR桑園(平日のみ運行)
 JRバス「南3西16」下車
  【53】 啓明線:JR札幌駅~、大通西4~
・紹介なしの場合、初診時2620円加算
・神経精神科の外来は地下1F
・「摂食障害外来」 「癌の慢性疼痛、癌の心身症外来」 「物忘れ外来」「女性外来」あり
・1F ATM/1F:北洋2つ、スターバックス
・2F ATM/ろうきん・ゆうちょ・道銀、ファミリーマート
・案内ボランティアがいる
・精算は北洋窓口で行う
・カード払い可
・院内処方もしてるが基本的には院外処方、 処方せん送付用FAXあり
・院内禁煙、入院患者は救急玄関で吸っている

札医

《評価》
雰囲気 ☆☆
施 設 ☆☆☆
立 地 ☆☆☆

《外来》
過去ログを書かれた方の気持ちが良くわかる。(看護師との連携の無さ、HPの大嘘、高慢な医者の多さなど) 人の話を聞かず自分の見解を押し付けられよけい滅入る。やはり何かにつけ大学病院という言葉を出す。こっちは泣き寝入り。
若い外来看護師は酷く横柄。
人の話を最後まで聞かない、こいつらキチ×イの話なんかまともに聞いてらんない!という差別、見下し見え見え。
声をかけようとした時も見えないフリ。(フリというより、ツンとしたのでわざとか?)
中年の看護師のほうは優しい。
全体的にことなかれ主義で熱心な医者はめったにいない。
むしろあまり上でなさそうな、予約外で当たる若い医師(予約外なので長くは話せないが)のほうが気配りがある。
初診でいい主治医がつけばラッキーだが、ダメそうな医師が担当についたら諦めるしかない。
大病院の医師によくあるいらないプライドのせいで、やんわりとでも逆らえば余計辛い思いをする。
異動が多いのもどうかと思う。
わりと上の方らしくても人気だったのか予約でも待つことが多かったが優しかった主治医が異動されてからは、幾度か主治医が変わったが、通院が苦痛でならない。
周囲は転院をすすめるが、ハズレの確率のほうが高いのが精神科、そんな気力がないのがこの病、同じように辛い思いをしている方は多いのではと危惧する。
追記。
緊急の時もロクに対応してくれない。義務なのに。医師によるんだろうけど。
でも誰に当たろうと、一応大学病院の看板しょってるんだからね。
(2009年7月投稿)

私がかかっているのは、Y先生です。
ルックスはさながら、BLに出てきそうな線の細い、落ち着いた雰囲気の先生です。
メガネ白衣なので、萌さんにはツボですか?
落ち着いているのは、ルックスだけではなくて、診察も以前通院していたメンタルクリニックや精神科病院の先生に比べ、物腰穏やかで"気持ちをひっかき回される"というのはありません。安心して受診ができます。
2階ファミマの向かい側に、"心理なんたら"という心理士の先生の部屋があり、試しに心理の先生のカウンセリングも希望しましたが、やんわりとかどが立たないように断られました。
クスリも優しい処方です。 別の公立病院とは、大違い。
研修医に囲まれることもしばしばですが、真面目ですね。
再診は基本予約ですが、とてつもなく待つ覚悟ならフリーも診てくれます。
入院病棟は4階北病棟に閉鎖としてあります。
待たされて暇だったので、4階EVホールにあるコイン式ネットをしていたら、その北病棟から男性患者がプラマグカップに水を入れ、何か叫びながら(確か「助けて!」とか「出して!」とかその類です)飛び出してきて、水をまき脱走。看護師さんだけでは押さえきれず男性の先生や看護師さん、数人がかりで取り押さえられてました。階段寸前で取り押さえられ、けが人もなくよかったですが、私は驚いて過呼吸になりました。
病床が少ないので、よほど珍病か重症でないかぎり、入院はさせてもらえません。
ストレス休養とか、そんな理由ではまず無理?
(2008年3月)

過食に悩んでいた私は、札医webページを見て“摂食障害の専門外来”があることを知った。
大学病院といえば昔から紹介状がつきものだが、そのページによると紹介状を持ってない場合でも、初診時一部負担金として2620円を負担すれば受診可能のようだった。
念のため紹介状がなくても診てもらえるか、電話に出たナースに確認したところ必要が無いとの答え。
これでつらい過食から救われるかもという期待を抱きながら、安心して紹介状を持たずに病院へ向かった。
しかし、受付を済ませ、短い待ち時間の後、さて診察というところで問題が…。
その日の初診担当だった30台前半と見えるT医師に、紹介状が無いと診察できないと言われたのだ。
彼の言い分には「ウチは敷き居の高い大学病院です」という感じがありありと滲んでいた。
では、webページで流している情報や電話での返答は嘘なのか?と問いただすと言葉につまっていた。
今は各病院が積極的にwebで情報を公開している時代だが、その情報が嘘では意味がないではないか。
札幌の医療の中枢がこれではあまりにもひどい。ナースと医師の連携もお粗末だ。
あまりに理不尽な状況に過換気を起こした私を、T医師は見てみぬふり。
ここは患者の為ではなく、医師の為の医療の現場なのだろう。
名誉や名声だけの大学病院とそのすねにかじり付く患者という構図は真っ平だ。
今回の出来事で私はますます、この国の医療や医者への不信感をつのらせた。
(2002年11月)

※HPには下記のように記述されています。
  初めて受診される方へ(初診の方)
   当院に初めて受診される方で、他の医療機関からの紹介状をお持ちでない場合   
   保険適用外の初診時一部負担金(2620円)をご負担していただきます。
この文面からは読み取れませんが、他院通院中の患者さんは紹介状が必要ということです。
これは特定機能病院という位置付けだからだそうです。
であれば、その旨を1行HPに入れることはできないものなのでしょうか。
(これに関しては北大病院、旭川医大病院のHPも同様の記述でしたが)
それが無理なら電話で問い合わせた際に「他の病院に通院していませんか?」とひとことあれば。
わからないまま出向いてしまった投稿者が納得できるよう、初診担当医がきちんと説明することができれば。
投稿者は状態が悪くなったときだけ他の病院にかかっていたので、それを通院とは認識しておらず、話に行き違いもあったと、後でふりかえってましたが。
では、他院通院中とはどこまでをいうのでしょう?
メールを投げてみましたが、お答えはいただけませんでした。
最近では対応が少しよくなってきたという話もありましたが、受診する際は、お気をつけください。
 (The★アローゼンズ~2008年1月一部改稿)


↓病院のイメージが変わった?院内のスタバ
札

予約制だが待ち時間は長め。初診のときは特に。
医師の評判は、担当医によるのか「いい感じ」と思ってる人、
「相性が悪かった上に予約をすっぽかされ」て転院した人などいろいろ。
大学病院の宿命として、実習生に囲まれることも。
カウンセラーがかわいいらしい。
(2ch過去ログより)

札医玄関

《入院》
若くてかわいい看護婦さんが多く、楽しい入院生活の模様。
「半開放(閉鎖)病棟です。 10:00~17:00の間は、ナースステーションで ノートに名前等を記入すれば病院敷地内は比較的自由に歩けます。
ただし、入院後3日は病棟外へ出るのは禁止。1週間は売店は行けますが ナース同伴です」 「担当は助手(当時)のT先生でしたが、話は結構聞いてくれて 感じが良かった記憶があります」
(2ch過去ログより)


地下食堂のタイ風チキンカレー↓
札医地下食堂タイ風チキンカレー
中央区/病院 △ page top


::市立札幌病院
精神神経科

受付時間は月・水・金曜(新患)・月~金曜(再来は予約のみ)8:45~11:30
午後は月~金曜(予約のみ)
(自動再来受付機は7:30に始動)
土・日曜・祝日は休診

・住所:中央区北11条西13丁目
・JR桑園駅から徒歩3分
 中央バス東63苗穂北口線、定鉄バス南4真駒内線は病院正面玄関へ直接乗り入れ
 その他JRバス西31北7条線・西52桑園発寒線、中央バス西51・71北桑園線、JRバス環37南新川線
・ 駐車場は389台収容。
 外来患者100円、その他(見舞等)1時間100円・以降30分までごとに50円
・ 精神神経科は3階

honin[1].jpg

《評価》
雰囲気 ☆☆
施 設 ☆☆☆
立 地 ☆☆☆

《外来》
うつ状態、過食嘔吐、不眠等で掛川クリニックから紹介状を貰い2008年11月から通院しています。待ち時間は毎回長い…ですが看護師の方はとても親切で優しい感じで接してくれます。
新患受付の水曜以外は1人の先生が診ています。掛川クリニックでの処方が少し変わっていたようで処方はまだ少し調整中ではあるのですがやはり市立の病院なので安全性を第一にうまく処方してくれているように思います。
診察は少し淡白ではありますが,聞きたい事を質問しやすい雰囲気できちんと答えてくれるので安心しています。まだ2ヶ月程度の通院ですが摂食障害の方はだいぶ安定してきました。
完治するまで通いたいのですが2009年の春頃から他の病気との合併症としての精神病の治療にあたることになり、精神神経科はなくなるので転院してもらうことになると言われました。初診の際にさらっと説明されただけなので詳細はよくわかりません… 。
(2008年12月通院中)

予約だが、待たされる。
そして、診察時間は3分あるかないか。
処方せんマシーンのようで、本気で気分障害などに向き合い、治したいと思う方にはオススメできません。
それ以外の慢性的な精神疾患の方は、余計なことを聞かれずに、いいかと。
ナースも、あまり精神疾患を理解していないのかな?
他科とかけもち受診したら、半日以上かかりそうです。
精神科の入院設備はありません。
(2006年12月~2007年2月通院)

ひどい目眩だったので同じ病院の耳鼻科で検査したのですが全く異常なしということで
ここの精神科に紹介状付きでまわされました。
外来は、分院の静療院でも同じですが7時半からの受付で、順番待ちがすごかったです。
受付機の稼働は7時半からですが、その前から夜間外来から入っていって待っている人が
ゾロゾロいました。
また、初診の患者には時間を取るため、受付機で早い番号を取っても診察はその日の一番最後にされます。私は初診の時9時半に行って、呼ばれたのは夕方4時半でした。
再診でも午前中に診察を済ませたいなら7時半には受付を済ませていなくてはなりません。
結局、あまりの待ち時間のひどさと担当医の異動を機にクリニックに転院しました。
仕事をしている人が通うのは難しいと思います。
(2000年冬~2001年春)

《入院》
かなり大きな病気で他科入院中、精神状態が極端に悪くなり主治医が精神科医を呼んだ。
今思うと的確な対応をしてくれたように思う。
(2005年頃)
中央区/病院 △ page top


::JR札幌病院(旧北海道旅客鉄道(株)札幌鉄道病院)
精神科

精神科外来は現在、火曜・木曜日午前診療(9:00~12:00)のみ
(札幌医大からの出張医師対応) (2008年10月改定)

・住所:中央区北3条東1丁目
・JR札幌駅から徒歩10分
・入院受け入れなし

☆追加情報(2008年1月)
・新築工事中、外来棟は完成
・精神科は3階奥の更にぶ厚いドアの中。受付窓などはなく、ドアと看板だけ
・自動受付機、自動支払機あります
・相変わらず院内処方
・工事中なので駐車場なし、クルマで行かない方が無難

jr0001.jpg

《評価》
雰囲気 ☆
施 設 ☆
立 地 ☆☆

《外来》
3年間、この病院に通っています。
常勤は医師1名、看護婦1名、カウンセラー1名でいずれも女性です。
昨年度までいらっしゃった男性医師は退職されました。
今年4月から、若干タイムテーブルが変更になりました。
月・水・金は常勤医師が9:00~14:00までの診察。
火・木はAMが札医大からの応援医師、PMが常勤医師の診察で、診療時間は17時まで(受付は16時まで)です。
土曜は第2・第4土曜のみ9:00~11:30まで常勤医師が担当しています。
土曜は診察の場合は要予約、薬のみの場合は予約はいりません。
また以前は休息のための入院措置がたまにあったようですが、今年度から入院対応はなくなりました。
入院が必要な場合、他院を紹介されるかと思います。
予約制ですが32条適応でカウンセリングも受けることができます。
以前は飛び込み診療OKでしたが、今年度から新患は原則予約制になりました。
新患予約の日は、火・木の午後で、常勤医師が担当します。
常勤医師はキツいことも言いますが、話をよく聞いてくれ、親身になってくれます。
調子が良い時でも診察の場合は10分程度は診察してくれます。
そのかわり、当然待ち時間はかなり長いので、時間を潰せるものを用意すると良いと思います。
定期的に血液検査を行っており、精神疾患以外の問題がある場合(貧血がわかった場合など)は、
他科を紹介してもらえます。
けっして綺麗とは言い難い病院ですが、地下鉄・JRさっぽろ駅からも近く、
常勤医師は女医ですが竹を割ったような正確で、信頼できる方です。
(もちろん相性もありますが。けっして優しいタイプの方ではないような…)。
私自身、何度も主治医とは喧嘩しましたが、今の主治医に出会えて良かったと思います。
余談ですが、診断書が1,000円と安いです。
(2004年5月通院中)

jr0002.jpg

初めて受診する人は、窓口で受付を行いますが、2回目からは機械で受付できるようになります。
初診時には、まず看護婦さんが待合室の隣にある処置室で、
今どういう状態・状況かを聞いてくれます。その後、先生の診察になります。
男と女の先生がいますが、初診の時に行った時間帯が女医さん
だったので、その後はずっと女医さんの時間帯に行ってます。
違う時間帯に行った時には「診察どうします?薬だけにします?」って
看護婦さんに聞かれるので薬だけ処方してもらっています。
精神科の待合室は、他の科と違って音楽が流れていたり、
週刊誌やマンガ雑誌が置いてあります。
診察室の机にはティッシュペーパーの箱もあるので、泣いてしまってもOK。
先生は処方する薬の効果や副作用などを、薬のサンプルをファイルした物を見せてきちんと説明してくれます。
こういう副作用は嫌だという場合、ある程度は融通を利かせて別な薬を処方してくれたりします。
男性の医師には診てもらったことがないのでわかりません。
(2003年2月通院中)

↓地下の食堂のラーメンとカレー
20060718184452.jpg

ここの女医が我慢出来なくてデパートの地下でリスカしてしまった。
入院を勧められ、ほかの病院を紹介してもらいました。
(2002年夏通院)
中央区/病院 △ page top


::いしかわ心療・神経クリニック
心療内科・神経科・精神科

住所:中央区大通西16-1-30 第10芙蓉ビル
(FUYO BUILD No.10)5階
(地下鉄西18丁目駅5番出口から徒歩1分)

診療の受付時間は
月・水曜9:30~12:30・14:30~20:00
火・金曜9:30~12:30・14:30~18:00
木・土曜9:30~12:30
第2・4土曜・日曜日・祝日は休診

予約制
2003年10月1日開院

ishikawa

半年ほど通っていましたが受診をやめました。
院内は穏やかで、患者に配慮されている雰囲気で、電話の対応や看護師さんの対応もよかったです。
ところが、先生は、私の悩みに対する先生の提案を私が受け入れないと、ため息をついたり怒り口調になったり、しまいには「強制入院させる」「今日はもうお引取り下さい」などと言って、声を荒げたりもします。診察時間はだいたい3分あるかないかで、話もしっかり聞いてくれているのかよくわかりませんでした。患者の心によりそってくれる先生ではないことは確かです。
また、転院すると決まった途端、優しかった看護師も態度を一変。冷たくされました。ここは私にとっては最悪でした。
(2008年3月~10月)

開院当初より通院しています。
先生は一見のほほんとした感じに見えますが、親身になって相談を受けてくれます。
また、看護師の方も診察の前後に親切にフォローしてくれるので、大変有難いです。
さらに、夜間診療(18:00~20:00、月曜・水曜)も行っているので、非常に便利です。
尚、夜間はビジネスマンや若い女性の方が多く通院されています。
通院を希望の方は、予約制ですので、早めに予約されることをお勧めします。
(2003年10月~2004年8月通院中)
中央区/クリニック △ page top


::大通り西11丁目 こころのクリニック
心療内科・神経科・精神科・内科

住所:大通西11丁目4-22第2大通藤井ビル7F
(地下鉄西11丁目駅1・2番出入り口より徒歩1分、市電中央区役所前より徒歩3分)
※エネオス隣り

診療時間は
月~木曜10:00~13:00・15:00~20:00
第1・3・5土・日曜9:00~12:00・13:00~17:00
第2・4土・日曜、金曜、祝日は休診

2005年4月開院

nishi11_kokoro[1].jpg

4年弱通いました。
最初の頃は先生にもゆとりがあったのか、しっかり見てくださった感があります。
しかし病状が良くなるにつれて診察はいい加減、悪化した時の投薬は拒否。
信頼できなくなり変えました。
症状が重いときだけ、会社を訴えろなどと言い、今は従えないあなたが悪いと言い放ちます。
信頼できなくなった原因は上記以外にもあります。
患者の顔を見ないで診察したり、長時間診察の疲れで先生自身うつ傾向があるみたいに感じます。
プライバシーは守られますが、本気で治したいならあまりおすすめできません。
(2009年4月投稿)

大通り西11丁目こころクリニックへ行ってきました。
クリニックとか行くの初めてでした。
カフェみたいにおしゃれでした。
診察は完全個室。先生と一対一なのでかなり緊張しました。
人によっては個室ってところが逆に負担になっちゃうかもしれないです。
先生は40歳くらいでおしゃれっぽい人です。
お話、まあまあ聞いてくれます。
初めてクリニック行った感想は「こんなもんかあ」という無難な感じでした。
(2005年8月)
中央区/クリニック △ page top


::大通りつげのクリニック
心療内科・精神科

住所:中央区南1条西2丁目南1条Kビル3F

営業時間は月・金曜9:00~12:00・14:00~17:00
水曜休み~水曜9:00~13:00に変更
火・木曜9:00~12:00・14:00~19:00
土・日曜・祝日は休診

つげの

物腰のとても柔らかな先生です。
ただ、話してみると「医師 対 患者」という上下意識をかなり強く持っている印象を受けます。
クリニックはあまり広くありませんがとても綺麗です。
患者さんは老若男女さまざまです。
予約制なのですが、1時間以上待つこともしばしばです。
「カウンセリング」を受けたいと申し出たところ、「私の診察がカウンセリングになっています」と言われました。その後、別の場所で実際にカウンセリングを受けたのですが、あの診察がカウンセリングになっていたとはまったく思えません。
基本的に薬物療法しかしないので、薬だけで治る人でないと通院する意味はないのかもしれません。
長期通院したにもかかわらず、医療助成制度などの説明を受けたことは一度もありませでした。自分で情報を仕入れて医師に申し出て申請を受けました。
最後の方は、私の方は思った治療を受けられずにカリカリして、医師の方も半分投げやりといった感じでした。
「八百屋のあんちゃんでもなんでもいいと思ってやるしかないんじゃないですか」と言われたときのインパクトが強烈に残っています。(八百屋さんごめんなさい)
病状が悪化して別の病院に入院したのを機に通院を止めました。
現在、もっと自分に合うクリニックを探しています。
(2002年(?開院当初)~2006年通院)

去年(2002年)の9月から通っています。
内装がとても綺麗で、受付のおばさんの応対もとても良く好印象でした。
私の場合は先生と合うらしく、話をしっかり聞いてもらい、的確なアドバイスをいただいています。
薬に関しては、「合わない薬でした」と診療の時にはっきり言えば変えてもらえます。
(何度も変えてもらった事があるので…)
ただ、最近は予約が一杯のようで、初診だと2週間待ちくらいになるかもしれません。
今は水曜も診療してるみたいですよ。
電話で確認が必要かもしれませんが、水曜は初診でも予約なしで診療可能だと受付の方はおっしゃっていました。(他の日は要予約です)
ただし、診療時間が12:00までなので、結構混む事があるみたいです。
ですので、早めの時間帯にかかる事をお勧めいたします。
(2003年9月通院中)

パリっとした白衣を着用していて、それが威圧感を感じさせ、
ここの医師とは相性がすこぶる悪いと直感が働いた。
うぬぼれた人が廃人を相手にして、金もうけしている感覚。
とにかく、その診察室から出たくてたまらなくて暴れた。
また発作が起きて筋注された。セルシン。
(2002年夏)

春から通院しています。じっくり見てくれる先生です。
真剣に考えてくれます。若干クスリは少な目だけど。
(2002年秋通院中)
中央区/クリニック △ page top


::大通り公園メンタルクリニック
心療内科・神経科

住所:中央区大通西5丁目昭和ビル4F
(地下鉄大通駅1番出口直結)

診療時間は
月・火・金・土曜9:30~12:30・15:00~18:00
水・木・日曜・祝日は休診

予約制

中・大通り公園メンタルクリニック


私が週1回通院している「大通公園メンタルクリニック」ですが、Y先生がお一人でやってらっしゃいます。
同ビル2Fではデイケアもあって、そっちは先生の奥様(同じく精神科医)がやってらっしゃいます。
クリニックの方はたまに混んでいることもありますが、だいたい30分待ちか、
ときどき、先生が患者を待っていることもあります(笑)。
診察はだいたい5~20分で近況と薬の話です。薬はファイリングしたものを見せてくださいます。
あと、先生の近況も聞けます(笑)。一緒に笑ったり怒ったりしてくれる先生です。
もう、怖くて他の病院には行けません。
入院するときもY先生の紹介で長野病院でした。長野病院もまあまあでしたね、はい。
(2003年6月通院中)

交通の便は非常にいいです。大通駅地下鉄出口直結なので。
そして待合室の雰囲気も非常に良かったです。
窓からは大通り公園が見えます。それだけでもなにか心がなごみました。
また箱庭療法の箱庭が置かれてました。ここは先生が1人です。
通院先の待ち時間が長いため、転院先を探している旨を話すと、
「やはり一番長く見ている先生のところで治療するのが一番いいと思いますよ」と言われました。
かなり雰囲気が良かったのでここに通えたらなと思いましたが、残念ながら叶いませんでした。
私が行った時は待ち時間はなかったのですが、その後かなり有名になり今では
新患は断っているそうです。
友達が電話してみたときは断られたそうです。2002年の秋のことです。
(時期不明)

最初の電話では断られたのですが、「M病院から転院したい」と再度電話したところ、即OK。
ほかにも3人M病院からここに移りました。待ち時間は長くても30分くらい。
週2の通院で処方は毎回変更です。
「薬の感じはどうですか?」
「よくわかりません」
「じゃあ変えます」の繰り返しでした。
薬は1週間分出されてましたので、たまるばかり。
処方はかなりキツイことも多く、立てなくなったり、1日半眠ったままだったりもしました。
結局、症状が改善せず、転院。
(2001年5月~7月)

落ち着いた照明の待合室で、ゆったりと診察までの時間を過ごせる。
窓からは大通公園、冬はイルミネーションがきれい。
穏やかな感じの先生で、白衣は着ていなかったと思う。
予約制だが、休診日に対応してもらったこともあり感謝している。
受付の方も大変ソフトな対応。同じビル内でデイ・ケアも行ってる。
(1999年9月~2000年1月通院)
中央区/クリニック △ page top


::大通り心療内科クリニック
心療内科

住所:中央区大通西5丁目昭和ビル4F
(地下鉄大通駅1番出口直結)

診療時間は9時~19時
日曜・祝日は休診

予約制

oodori_shinryoh

先生はぶっきらぼうな感じで、診察のたびに厳しいことを言われました。
あまりに厳しい事を言われるので、先生の顔を見るのも辛いという状態になり、結局通院を取り止めました。
薬に関しては、希望の薬をほぼそのまま出していただけます。
(2005年3月投稿、通院期間不詳)

「どうしても今日すぐ診てほしい」という状況で病院を探してる時に、
某クリニックで「今うちは新患は断ってますが、ひとつ案内できる所が・・・」と紹介されて行き始めました。
男の先生がお1人でやってます。
こちらの話を黙ってずーーーっと 聞いてくれて、最後にポツリポツリとアドバイスをくれる、といった感じ。
初診の時、問診表の「じっくり話を聞いてほしい」にマルをしたので、そうしたパターンの診察をしようとしてくれているのかも。
相性は人それぞれと思いますが、私にとってはいい先生です。
ロビーや受付の人の雰囲気もいいですよ。
(2003年9月通院中)
中央区/クリニック △ page top


::医療法人社団 掛川神経科クリニック
精神科・神経科

住所:中央区北5条西6丁目センタービル14F
(京王プラザホテル西側)

診療時間は
月・火・木・金・土曜12:00~18:00
水・日曜・祝日は休診

kakegawa

うつ状態、過食嘔吐、不眠が続いていたのですが、当時バイトのシフトが不定期で予約制の病院には通うことができず、バイト先にも近く予約なしで行けるということで受診することにしました。
初診時は診察前にカウンセラーの方(かと思っていたのですが心理検査士の方だったようです。2度目以降は話すことはありませんでした)にバウムテストと30問くらいの質問(よく自己診断としてあるようなもの)をされました。
診察自体は10分に満たない程度でしたが、先生は50代くらいの優しい雰囲気の方で「そうですか、そうですか」と肯定してくれる感じで話を聞いてくれ、薬もファイリングしたものを見せてもらい、抗鬱剤を軽く処方してもらいました。受付の方も検査士の方も感じが良く、この時は好印象を持ちました。
しかし、2度目以降の診察では調子はどうか、薬が効いたかどうかだけを聞かれるような形で、診察も5分なかったと思います。薬の効果を感じなかったと答えれば、薬剤師の方に効き目が出るまでに数週間かかると言われていた薬も1週間程度しか飲んでいなくてもポンポンとすぐに変えられたり増やされたりでした。
通い続けていても薬の量が増えるばかりでほぼ効果は感じられず、シフトが安定したので市立病院に転院しました。紹介状は割と快く書いてもらえたように思います。が、市立病院の先生にはほぼ同じ成分の物を同時に処方されていたり、(私は未成年なのですが)未成年には逆効果になる可能性のある薬が多量に処方されていると驚かれました。
ただ、札幌駅からも近く待ち時間も短いので、ある程度快方に向かっていて薬だけ処方してもらう分にはいいのかも知れません…。
あと何故か待合室に雑誌に紛れて表紙を隠された状態の叶美香の写真集がありました。謎です。
(2008年2月頃~10月)

対人恐怖でどうしようもなくなり、勇気を出してメンタルクリニックを探していましたが、どのクリニックも予約制ですぐには診てもらえず、絶望しかけていたときに出会いました。
先生はとても信頼できる方で、話をじっと聞いてくれるという感じではありませんが、適切なアドバイスをくださいます。
根掘り葉掘り聞かれたり話したりということがないので、私はかえって安心できます。
薬を出すときもサンプルを見せて、きちんと説明してくださいます。
予約制でないので、混むときは待合室がいっぱいになりますが、時間帯によっては(平日15時頃?)すいていて、とても快適です。
札幌駅に近いので、交通も便利です。
また、先生がメールアドレスを持っていて、いつでも相談に応じてくださいます。
患者さんは中高年の方が中心のようです。
ただ、32条の適用には慎重で、ほとんど許可は下りていないようでした。
じっくり話を聞いてほしい方にもちょっと不向きかもしれません。
(2004年11月~2005年4月通院中)

先生は親切で私にはとても合っているなと思いました。
待ち時間がほとんどないのと、予約なしで行けるのと、
街中なので仕事をちょっと抜けて行けるのが便利で1年半ほど通っています。
鬱病ということでお薬はいろいろ試しましたが、現在服用しているアモキサン
はびっくりするくらい合っていたので自分でも驚いています。
(2002年秋通院中)

JR札幌駅から歩いて5分程度で行けるので結構便利です。
同じ階に歯科とかあるので、ごまかせるかなと思ったり。
クリニック自体は狭いです。待合室に10人も入ればもう座るところはないって感じ。
で、受付のお姉さんが、ちと無愛想です。
一応「客商売」なんだから、もうちょっと、 と思うときもありますね。
先生は一見胡散臭い感じもしますが、その印象に反してとてもいい人です。
ただ、気になるのは診察室の左側に書類受け渡しの「穴」が開いていて、そこから
話が全部聞こえてるんじゃないかと不安になります。
話がそれましたが、先生は新しい薬とか入れる際は、サンプルを見せてきちんと説
明してくれますし、話も聞いてくれます。
土曜午後に行けるというのは、結構ありがたかったりします。
ただ、遅くに行くと(17:00とか)結構混んでる場合があるので注意。
(2002年秋通院中)

話も聞いてくれるしいい先生だとは思うんだけど、こっちからアプローチしても
はぐらかされるようなことが何度かありました。
仕事がキッカケで抑うつ状態になったことを話したせいか、仕事が出来る人なんだから大丈夫!と励まされ、かなりギリギリとプレッシャーをかけられるような気分になってしまいました。
薬はリクエストすればすぐに出してくれる先生だなぁというイメージはあります。
あと、カーペットに血痕がうっすらあったのがちょっと怖かったです。
(2001年8月~2002年11月)
中央区/クリニック △ page top


::くぼメンタルクリニック
神経科・心療内科

住所:中央区南3条西2丁目H&Bプラザ3F

診療時間は
月・火・水・金曜10:00~19:00(昼休み13:30~14:30)
木・土曜10:00~13:30(木曜のみ12:00終了)
日曜・祝日は休診

予約可、初めての方はお電話を

kubo

「最近通い始めたんですけど。いい先生かなぁと、ちょっと思い始めたところ」
(2ch過去ログより)
中央区/クリニック △ page top


::さくらメンタルクリニック
精神科・心療内科

住所:札幌市中央区北2条西1丁目1番地 マルイト札幌ビル2階
(地下鉄大通駅21・22番出口から徒歩1分、31番出口から徒歩3分)

受付時間
月・火・木・金曜10:00~13:00・15:00~18:00
水・土曜9:00~13:00 

日曜・祝日は休診

平成20年11月開院


今年夏頃から通院しています。躁鬱病との診断です。
院長は女性でしっかりと話を聞いてくれますし、症状に合わせてその都度細かく薬を考えてくれるので、私は信頼して通っています。受付の方も、看護師さんも感じの良い方です。先生も看護師さんも、少しでも不安や悩みがあれば、話を聞いてくれますし優しいです。
以前に男性の先生の心療内科にかかったのですが、合わなかったのでやっぱり同性の先生の方が、私は話しやすいです。
(2009年11月投稿)
中央区/クリニック △ page top


::さっぽろ駅前クリニック
心療内科・精神科

住所:中央区北3条西4丁目日本生命札幌ビル3階 
   (地下鉄さっぽろ駅10番出口 徒歩1分)

診療時間
月・水・木曜9:00~17:30
火・金曜9:00~19:30
土曜10:00~16:00(土曜の再診は非常勤医師の診察)

日曜・祝日は休診

2005年9月開院 2007年7月より上記に移転

完全予約制

さっぽろ

○院長と常勤医師の2名体制で診療している。(どちらかが居ないときは副院長や非常勤医師が従事している?)
○私は院長ではない方の医師に診て貰っているが、話や薬の処方にも柔軟に応じてくれるので、大変お世話になっている。初めはやや威圧感を覚えたが、優しく話を聞いてくれる。ただ、ノートパソコンに入力しながらの診療なので、ちゃんと話を聞いてもらえているのか初めは不安だった。
○待合室は綺麗。
○受付は冷たい感じの今風の女の子。
○診察代は高い。また、最初に受ける謎の検査も高い。ビルの賃貸代?
(2009年8月投稿)

平成19年2月頃に一度受診しましたのでその時の体験談を記します。
正直なところいい思い出がないので忘れようとしていたのですが、だいぶ自分の病状が回復したこともあり、外の患者さん方に自分のような思いをしてほしくないと思いまして体験談を送ることにしました。
3年ほど前に主に過労から抑鬱状態となり、道北の病院に通院していたのですが、退職して札幌の実家に戻ることになったため、通いやすいクリニックへの紹介をお願いしましてこちらへ紹介状を書いてもらって受診しました。
以下感じた点を箇条書きで記します。
・電話応対は感じが良くなく、冷たい感じ。指定された曜日・時間に行きましたが、1時間ほど待たされました。それでも紹介状があるから特別扱いだ、と言われましたが・・・。
・待合室は小ぎれいで明るい感じ。液晶テレビ有。椅子は少なめで最初は立って待ちました。カップルで来院していちゃついてる患者さん、女性誌やタウン誌をよむ患者さんなどがいて、軽症の女性の方が多い印象でした。雰囲気は軽めで、美容室の待合い室みたいでした。
・外の方の体験談にもありましたが、予診をとる若い女性の質問が要領をえず的外れな感じで、現在の病状と直接関係ない話(どういう仕事を本当はしたかったんですか?どういう会社に勤めたかったですか?等)に終始し、現在の病状について一切話が及ばないまま途中で診察室に呼ばれてしまいました。女性は自分の興味のあることだけ適当に聞いて来る感じでしたが、態度はソフトで不快ではありませんでした。
・診察室に呼ばれたあと、茶髪でだらしなく、口臭がひどく態度が横柄な感じの医師の診察が始まりました。最初は、あまりに風采がちゃんとしてないのでまさか相手が医師とは思わず、他の職種の方、もしくはバイトの先生かと思っていたのですが、この人物が院長と名乗ったので驚きました。
机の上には精神医学の洋書がおいてありましたが、妙にピカピカで普段読んでるようにはみえませんでした。単なるこけおどしのように感じました。
予診をとった女性とは連携がとれてないのか、予診表をみていないのかわかりませんが、予診表に自分で記入し答えが書いてあることを何度も聞かれました。問診をしている間もソファに深く腰掛け、ときにはふんぞりかえりながら「ふーん」「それで?」と言いながら、持参し先に渡していた紹介状を私の前で開封して読んでいました。診察前の下読みはしていませんでした。
病状や、いつから辛くなったかなどについては一言も聞かれることはなく、親の学歴についてしつこく具体名を聞かれたことを覚えています。しょうがなく校名と学部をいうと、「あぁ~その程度ね」という感じでした。「その程度の中途半端な人が一番めんどくさいんだよね、関わりたくないなぁ~。」という発言は今も思い出して腹が立ちます!いったいお前何様よと思いましたが、我慢して話を聞き続けました。
また、私はゲイでして紹介状にもその記載があったのですが、紹介状のそのあたりを読んだあと私の顔を数秒間凝視し、そのあと「男が好きなの?」「付き合ってる人いるの?マジで!?何歳の人?ウソでしょ!?」「(Hは)どうやってるの?」などいろいろ興味本位としか思えない質問をされ、その目には明らかに侮蔑の感じが宿っていました。
そのあと、紹介状についてはその場でさっと見た程度で「復職デイケアをやる気あるならうちで受け入れてもいいよ」と言い、次の職場の勤務シフトが不定期であるため決まった曜日に通うことが難しいかもしれないとお話ししました。そうすると「あんた治す気あるの?ここに何しにきたのよ」と言われ面くらいました。自分としては前医と同じような通院での支持・投薬治療を受けられると思っていたので、そのように伝えましたが、高圧的に「ウチのやりかたに文句があるなら来なくて結構」とのお話があり、私もここではとても病状の改善は見込めないと思い、このとき限りで通院をやめました。外のクリニックへの紹介をお願いしましたが「自分で勝手に探して」との言葉であきれてしまいました。
・持参した紹介状をこのクリニックの封筒に入れただけのものを渡され、紹介状作成料を上乗せされました。入れ替えただけで新たな情報は何も加えてないのにこれはひどいと感じました。とても納得いきません。料金は3割負担で、初診とはいえ処方なしなのに8000円近く請求され驚きました。いろいろ加算しすぎじゃないでしょうか。
・薬がなくなっていたので処方をお願いしたのですが、「別のとこでもらえば?」とかる~い感じで拒否されました。
・少し話はずれますが、こちらの病院のお広告について注意したほうがいい点があると思ったのでこの場を借りて書かせていただきます。こちらのクリニックのY院長の出身大学は道内のA医大、また大学院は東京のT大学の大学院のようです。ホームページにはこの両方が書かれているのでまあ問題ないのですが(それでもT大の方を強調しすぎのように思いますが)、地下の看板には「T大学大学院修了」と書いてあり、誤解を招くギリギリの表現だと思います。このドクターの出身大学は道内でも最も入りやすいA医大なのに、あたかも自分はT大出身者であるかのように思わせかねない不適切な誇大広告であると思います。
・私の経験ではこの病院以外でも、医師の経歴を高く見せかけているような病院では患者本位とはほど遠い診療が行われていることが多かったのでご注意ください。
・ここの院長と後日別の場所での講演会で再会しましたが、T大からきた講師にはとても腰が低く、私に見せた横柄な態度とは別人のようでした。相手によってカメレオン的に態度を変える男だと思いました。
・外の方も書いておられましたが、医業に必要なはずの真面目さ、公平さ、患者さんへの配慮がことごとく欠けたクリニックだと感じました。「この程度でいいでしょ?」という考えなのでしょう。比較的病勢の軽い人には通いやすくてよいかもしれませんが、症状が重く毎日やっとのことで過ごしているような患者にはまったく不適だと思います。診察ごっこで保険制度からカネをくすねているだけと言っても過言ではないくらいのひどさだと思いました。
私はこのあと薬がなくなり、復職したこともあって、その後2年間精神科のお世話にならずに過ごし少しずつ回復することが出来ました。途中、本州でみていただいたDrにメールで悩みを相談したところ、親切な返事をくださり、それを励みになんとか乗り切ることができています。
Y院長のようなどうしようもない先生もいれば、苦しみをともにわかってくれる良い先生もいらっしゃいますので、みなさんが後者の良い先生に出会えることを願ってやみません。
(2009年7月投稿)

○院長の同族経営。副院長が院長夫人、その他院長が学会などで不在時にヘルプで入る医師もいる。事務長と併設のデイケアのスタッフリーダーが院長の弟。
良くも悪くも院長からのトップダウンで指示命令系統がきまっており、デイケアなどの細かい指示でも診察中の院長の指示がないと話が進まないこともあり、権限委譲がうまくなされていない。そのため、デイケアスタッフは独自の判断で動けないことが多く、臨機応変な対応に欠き、それがトラブルのもとになることも多い。
院長自身は、人によって対応を変えているようで(症状によってか?)、筆者には優しかったが、他の患者ではかなり高圧的でこわかったという話もある。スタッフの話を聞く限り、院長はこの病院の専制君主らしく、反論などはこわくてなかなかできないらしい。
○診察:約1年通ったが、最後を除いて対応はまあまあよかった。診察時間は約5分~10分で完全予約制なのであまりまたない。たまに時間がおしてるときがあり、そのときで最大40分ほど待たされたが普段はそれほど待たない。質問にもきちんと答えてくれる。
だが内科的症状に関しては対応がなし。薬もほとんど変えず、治療といえば、毎回持参する一日の行動表をもとにした生活指導のみだった。他の患者に聞いてみると、行動表についてのコメントすらない人もいた。ためしに、行動表をださないでみたら、案の定スルーされたこともある。
患者はほぼ院長に集中しており、副院長はもともと内科医ということもあってか、治りかけの患者などごく一部の患者しか診てないようだった。そのせいか院長はたくさんの患者を抱えて患者を間違えているときもあった。他の患者の話でも、別の患者のカルテをみて話をされたということも聞いた。
コミュニケーションはきちんととってくれるのだが、処方箋として提案される解決策がかなりあてずっぽうな印象。カウンセリングも希望し、心理検査までは受けさせてもらったが、以後のカウンセリングの継続に関し・・・
(文字化けのため略)
・・・もリストカットもなにもしていないのに、入院をすすめられ、応じないと「転院してくれ」といわれたのにはびっくりした。希死念慮自体は安定剤の処方で治まっていたのだが、そうした細かい話を聞こうともせず、ともかく入院しろという強硬な態度を見せたときには唖然とした。
おそらく勝手に自殺企図をしたと勘違いしたと思われる。前々から周囲の患者から独裁的な性格もある旨聞いていたが、最後に馬脚を現したように感じられた。それまではよかったのに誠に残念だ。実質的に追い出される形で転院させられることになり、とても迷惑だった。
○デイケア:デイケアにも参加していた。様々なプログラムが用意されており、スタッフの数も多い。ただおしむらくは、デイケア自体の年数も少なく(日本でのうつ病デイケアの歴史自体が浅いのでしかたがないが)、若くて未熟なスタッフが半数以上のためか、運営上トラブルが多かった。
デイケア参加者同士が批判しあう場面が多々あり、そうした場面においてスタッフが止めに入らないために状況がエスカレートすることも多く、中には「訴えてやる」と息巻く人もでる始末…。デイケアの参加者同士でトラブルを解決する能力を涵養するため、スタッフがあえて口出しをしないという方針なのはなんとなく分かるが、程度問題。あきらかに行き過ぎた参加者の言動をスタッフがとりしまることができなければ、はっきりいって参加者としては安心して参加ができないと思われる。
また、スタッフの事務的な単純ミスや院長との連絡ミスも多い。そうしたミスに関して参加者がクレームを言うと、謝罪や説明を一切せずに「内省」と称して参加者がそうした指摘をしたこと自体がおかしいから反省しろ、みたいな対応をしてくる・・・
(文字化けのため略)
・・・デイケアのプログラム自体は工夫されていて良いと思う。特にSSTという行動変容プログラムは自分自身の行動を相対化できてよかった。また、院長のお師匠筋にあたる方が遠方からいらっしゃって行うサイコドラマもおすすめ。さすがに経験が深いと感じさせられた。在籍している臨床心理士は総じて若く、まだまだ経験不足だと感じられた。総じていえるのは、がんばっているのは認めるけれどまだまだこれからというところ。また、スタッフ同士や院長との連携が悪く、それが原因でトラブルになることが多いのは改善したほうがいいということ。ちょっと人工的な環境なので、もう少し現実的で社会一般に通じるような環境づくりを目指したほうがいいということ。
○受付:ちょっと感じが悪い。冷たく命令される感じ。とはいえ、どこの精神科でも受付は似たように思えるが。精神病患者に距離をとってしまう気持ちはわからないでもないが、精神科に勤めている以上、そうした心情を置いておいて、やさしくあたたかく接するように努力してほしいところ。
(2009年6月投稿)

●鬱とストレスによって身体に激痛が出たという症状で行ったのですが(その時点で3日間くらいほとんど寝てなかった)、医師に会う前に別室に呼ばれて素人っぽいオネエさんに(臨床心理士か何か?)トンチンカンな問診をされ、それが終わるとまた別室に入れられて怪しげな機械でストレス検査をされました。何の意味があったのか?
●やっと呼び入れられて会った医師は、茶髪でチャラチャラしていて、話し方も軽薄極まりなく、売れないホストかと思いました…。
●「バファリンだけがかろうじて効いて、でも2時間しかもちません」と言ったら、「じゃあ、それ飲んでりゃいいじゃん。なんで来たの?」と言われました。
●過去に抗鬱剤を飲んで副作用がひどかったことを言いましたが、聞いてないようで山盛りの量を処方されました。
●肝心の、身体の激痛に関しては放置でした。(翌日から鍼に行って何とか鎮めました)
●結局、カウンセリングを受けるように言われましたが、カウンセラーは選べず、受付の人に「お会いしてみて相性が悪かったらチェンジしていただけるのですか」と聞いたら、「そんな話は聞いたことがない」と一蹴されました。おそらく、今まで行った中でも最低の医院です。
(2008年10月投稿)

院長の雰囲気に医業経営のマジメさが感じられず、ロビ地下やススキノにいそうなチャラ男に見えた。
老人のドーラクでやっているような感覚。
待合の客層は雑誌から出てきたような流行のOLばかり。比較的軽度な患者をターゲットにしているようで、私のようなフリーターが行くと差別されるように感じた。
差別するのは治療者としてどうなのかと人格を疑ってしまう。
まあ、こういった傾向は他科でも街中のクリニックに多く見受けられるのだが。
経営ばかりに走らず、職人としての医者の自覚を持ってほしいものである。
結局私は信頼することができず失望して通院をやめた。
院長とは別の背の高いドクターが良かったのだが、もういないようで残念に思う。
私は手帳をもっていて、前の医療機関では自立支援医療を使っていたのだが、ここでは診断書を書いてもらえなかった。何故なのか謎。
(2006年夏~秋通院)

初診で受診しました。診察室はソファーでテーブルがありドクターの机があるといった感じです。
お医者様様様の雰囲気で診察の時見学者もいました。それが凄く気になりました。
学歴を気にするドクターで、どの学校を出たとか、ことこまかく聞かれました。卒業の学校と病気は関係ないのにしつこく聞かれ、言いたくないみたいな態度をするとドクターはキレます。学校生活を聞いてるのではなく学歴だけ聞きます。
親兄弟の話は仕事内容だけをことこまかく聞きます。病気と全く関係なく頭にきました。家族とどんな感じ?とか聞くのではなく、どんな会社でどの位の出世でのみの話で凄く不愉快になりました。
私の話も聞きません。かなりムカつく話しかたです。「リスカのあとみせてくれ」とか「ODはしますか?」とか凄く刺々しく気分を害しました。
初診で6000円、院外処方でプラス薬代でこんなに高いとは思えませんでした。
病状より学歴、家族の勤め先をきくドクターで、受診の最後に「これからどうしたいの?」「なんで受診しようと思ったの?」「きっかけは?」等厭味ばかり言われ頭にきます。学歴、家族の勤め先は全部カルテパソコンに入力します。許せない、学歴コンプレックスのある私にはかなりつらい質問ばかりでした。病院に行って、どうしてきたの?これからどうしたいの?と普通聞かれるものですか?学歴、家族の勤め先だけは真剣に聞いてました。履歴書より突っ込んだ事聞かれたのに腹がたちます。
リスカを興味範囲で見られても平気で、きちんとした立派な会社や立派な勤め先の親兄弟がいる方にはいいかもしれませんね。あの医者、医者失格、人としてありえない。
(2006年4月)

まだ開院したばかりだったので、患者さんも少ないのか飛び込みでも診てくださったことがありました。ちなみにそのときの待ち時間は30分程度です。
私が2週間分程度処方された抗鬱剤を一気飲みしたときの話をしたら、「吐き気止めのガスメタンだけ飲まなかったんです」との私の発言に、「そう、なかなか渋いね」と答えていました(笑)。
常に白衣は着用されていますが、特に圧迫感もなく(先生自体が童顔なせいもあるかも)受付や看護師の方も丁寧で好感が持てました。
これからもこのクリニックと末永くお付き合いしていきたいと思っています。
院内自体はたいして広くないですが居心地はいいですよ。ネコの雑誌とかあって嬉しくなりました(笑)。
(2005年12月通院中)
中央区/クリニック △ page top


::札幌中央メンタルクリニック
心療内科・精神科

住所:中央区北4条西3丁目1番地札幌駅前合同ビル9階
(地下鉄さっぽろ駅4番出口直結、JR札幌駅地下コンコース直結、札幌駅前バスターミナル徒歩1分)

診療時間は
月・火・金曜9:00~17:00
水曜9:00~19:00
(昼休み:13:00~15:00)
木・土曜9:00~13:00
日曜・祝日は休診

平成16年4月開院

sapporocchi


私は東京で躁鬱病になり3年目。
2007年2月、北海道に戻ってきてから2年以上通っています。
先ず立地条件は、地下鉄札幌駅直結で利便性は大変良いと思います。
先生はO院長お1人、受付は2人の女性が交代ないし2人で受け付ける事もあります。
待合室は3人掛けが3脚とカウンターに3脚。さほど飾らず普通の感じです。
診療は基本的に予約制です。
よっぽどの症状の悪化の場合は、いつでも通院するようにと医師から指示が出されます。
新患については、待合室で電話を聞いている限り殆どの場合お断りしているようです。(混んでいるから?)
予約でも待ち時間は15分、混んでいるときは1時間弱です。
O院長の診察は、平均15分~20分位で「○○さん、お加減は如何でしたでしょうか」から始まり、患者側から訴える事には丁寧に耳を傾けてくれます。
その症状を聞いた上で、薬物、時には漢方も併せて処方してくれます。
鬱には主に「アモキサン」「ドグマチール」「リボトリール」など、躁状態の時は「リーマス」「テグレトール」が処方されています。
患者の状態はむろん、家族関係や仕事での出来事まで親身になって聞いてもらえる上に、一緒になって対処方法を考えてくれますので、とても助かります。
O先生自身も「きめ細かさでは当院の右に出る病院はない」と言い切っており、自信をもって診療に努めているのだと思います。
私自身にとっても親以上に悩みや辛さを受け入れてくれる大事な存在です。
事務の方があまり良く書かれておりませんが、多少無機質に感じられるかもしれませんが、患者に深入りせず、一定の距離を置いて配慮しているからだと思われます。ゆえに気軽な話も出来ない空気の中、淡々と支払いと次の予約のやり取りしかありません。
2,3他の心療内科にも行きましたが、このクリニックが私には一番肌に合うクリニックです。
予約を取るのは難しいですが、お勧めできるクリニックです。
(2009年5月通院中)

仕事内容が原因で鬱になり半年以上通院しています。
待合室は少々狭いですがきれいです。
でも、非常に混んでるときは座る場所がなくてちょっと困ったりもします。
待ち時間はその日によって5分少々のこともあれば1時間位のことも。
BGMはクラシック。
待合室と診察室はきちんとドアで区切られているのですが、声の大きい患者さんだと、話の内容はよくわからなくてもところどころ声が漏れてきてしまうことがあります。
先生はわりとのんびりしたしゃべり方で、ちょっと軽い感じもしますが、話をきちんと聞いてくれ、薬の説明も丁寧にしてくれます。
状態に合わせて薬の調整もちゃんとしてくれます。
32条の申請は、休職を1ヵ月半くらいしたときに先生から切り出してくれました。
私には合ってるようなのでそんな不満はないですが、受付の人がもうすこし愛想よかったらなと思います。
ちなみに先日、会計の際に「アンケートのお願い」という紙をもらいました。
電話対応について、窓口対応について、医師の診療態度について等無記名で記載するアンケート用紙でして、書く項目は多いけど非常に良い試みではないかと好印象を持ちました。
(2004年11月~2005年9月通院中)

10月の中旬頃に札幌中央メンタルクリニックに初めて予め予約をし、行きました。
待ち時間は思った程なく、スムーズに呼ばれ先生に色々な悩み事を話しました。
先生は男性です。
カルテを見ながら色々な事を聞かれました。
先生は話の聞き方が下手というか素っ気ないように思いました。
「ああそうかい!」「ん~まぁ大丈夫だよ!」とか…です。
私からしたらひとごとだと思っているのかもと思いました。
それに、受付の女の人は若くて今時の人でしたが愛想がなかったです。
ちょっと怖いですね…。
私は、ストレスから不眠・過食症・感情の激しさ・幻聴・対人恐怖症でデパスを飲んでいますが、デパスは睡眠薬みたいに日中でも眠気が耐えません。
眠くて今でも寝そうです。ちなみに今はPM17:30です。
他のクリニックに紹介状を書いてもらいましたが、中央区で少し遠いし交通費が結構かかるので近所のクリニックを探してます。
(2004年10月)
中央区/クリニック △ page top


::南1条メンタルクリニック
神経科・精神科

住所:中央区南1条西16丁目レーベンビル3F
(地下鉄西18丁目駅5番出口から徒歩3分、札幌医大付属病院前)

診療時間は火・木・金曜9:00~20:00(昼休み13:00~15:00)、月・水・土曜9:00~13:00
日曜・祝日は休診

予約制

minami1jyou

メガネをかけた誠実な先生。睡眠障害に詳しいらしい。
夜間診療(20時まで)が週に3日あり、とにかく助かった。
初診は時間をとってくれるが、その後は10分きざみの予約制。
その時々で、すぐ診てもらえたり、待たされたりいろいろだったが、
診療が短かすぎると感じることはなかった。
新しい薬が処方される際は、薬サンプルをファイリングしたものを見せて説明してくれた。
待合室は喫煙可、ポットとお茶も置いてある。
提携駐車場のチケットもくれた。
(2000年1月~2001年4月通院)
中央区/クリニック △ page top


::みよしメンタルクリニック
精神科・神経科

住所:中央区南1条西10丁目南1条道銀ビル1F
(市電中央区役所前、地下鉄西11丁目駅から徒歩2分)

診療時間は 月・火・水・金曜10:00~19:00(昼休み13:30~15:00)
木曜13:00~19:00、土曜10:00~13:00
日曜・祝日は休診

予約制

miyoshi

かなり前ですが、新聞でコラムを書かれてるのを読み、いつか、かかるならここにしようと決めてました。
優しく柔らかい印象でしたが、ひどい症状を時折訴えても、「薬は前回と同じで」と切り上げられることが多かったです。
お話は聞いてくださるので、1人で抱えてる悩みを話す時は良かったと思います。ただ、時間を短く済ませたいのか、切り上げられる印象はありました。
風邪の症状が5,6年続いて、仕事に支障が出て退職を繰り返していました。内科の先生に、メンタル面の症状かもしれない、よく相談すると良いですよと助言され、話してみたところ、驚きと苦笑いの表情で、不眠や睡眠障害、予約通りにいつも来られない(つまりは通常の生活が困難な状態)なのも十分承知なのに、「よく眠り、よく食べ、よく運動し、規則正しい生活をすることです」と二度も語気を強めて言われました。それができたら病院なんて要りません。「社会復帰したいんです」懇願しましたが、気持ちが届くことはなかったようです。信頼して長年通っていたので、かなりショックで、暫く家で泣いていました。 紹介状上がりが遅かった為、処方箋も必要になり、最後の診察を受けました。前回言われた話がとてもショックでしたと目を瞑って思いきって話してみましたが、「はい、はい」を繰り返すだけでした。「長い間お世話になりました」と挨拶はしましたが、結局、この9年間を振り返ると、話を聞いてはくれるけれど、アドバイス的なものはなかったです。
あくまでも、軽症な患者さん向けですね。
「最後に新しい病院は近いの?」と訊かれましたが、みよしさんも地下鉄一駅。そういう問題じゃないのに…
(2000年4月~2009年7月通院、2009年8月投稿)

2008年の2月頃に行きました。
雰囲気もよく受付の方も感じの良い方でしたが、リストカットをしている人は診ていないとのことで、帰されてしまいました。
リストカッターの方はご注意ください。
(2009年7月投稿)

1年くらい通いましたが、先生は確かに優しくていい人です。
今年のGWに待合室の改装をしたのも、椅子の数を増やすためだったんじゃないかと思います。
薬も希望のものを言えば結構出してくれますが、処方には結構慎重なところがあるみたいで、
デパスは「眠くなるよ」とか言って、もらえませんでした。
私は仕事が終わった後の6時過ぎに行っていたので、混んでると思ったことはありませんでした。
(2001年4月~2002年5月通院)

改装してからは行ってないので今の雰囲気はわからないのですが、悪くはなかったと思います。
私は不眠、不安感、緊張感、疲れがとれないということで通い始めました。
お話重視なところがあるのですが、先生は私になかなか話をきりだしにくかったみたいで、いつもぎこちなかったのを覚えています。
重い症状の方には向かないと思います。
話をしてスッキリできるくらいの感じの方とかであればいいのかもしれません。
ちなみに、私は予約を忘れたのをキッカケに行くのを辞めてしまいました。
(2001年6~8月通院)

抑鬱、リストカット、過食(嘔吐は稀です)が主な症状で通っていました。
男性医師1名、受付に女性1名(通院当時)。電停から近く、雰囲気もよくて入りやすいです。
予約をすれば、待たされることになってもせいぜい30分くらい。
街中で過呼吸を起こしかけて慌てて飛び込んだこともありましたが、対応してくれました。
(15分くらいのカウンセリング、頓服で安定剤の処方。あと、受付の女性がみかんをくれた(笑))
他にかかった通院専門のクリニックより話をちゃんと聞いてくれると思いました。
個人的には好印象。薬の変更や増減はのんびり、慎重。
軽症で気長な(?)患者さん向きかと思います。
(1998年冬~2001年1月通院)

職場の仕事内容と人間関係で鬱が悪化し、毎日死ぬ思いで会社に通ってました。
しかしある時もう限界だ!と思い、わらにもすがる気持ちで会社の近くにあった「精神科」ということで行ってみました。
当時まだできたばかりだったのか、夜に行ったら全然人はいませんでした。
そして診察。自分の状態を切々と訴えましたが、私の辛さが全然伝わらなかったようで薬を処方されたくらいで終わりました。
私は注射でも点滴でも何でもいいから、その時の死にたいほど苦しい気持ちを一時的にでも治してほしかったのです。
でも全然だめでした。だから私はこの病院の評価はかなり悪いです。
もう4年も前の話だから今はだいぶ違うのでしょうか?
(1998年)
中央区/クリニック △ page top


::本谷神経科クリニック
精神科 神経科

住所:中央区南8条西7丁目(市電南9条前)

診療時間は平日9:30~12:00・13:00~16:30
水曜午後・土・日曜・祝日は休診

motoya


本谷先生は私の話をロクすっぽ聞かず、「薬が効かない」と何回言っても、「症状が悪化している」と何度言っても、「経過を見る」と言い、いつも同じ処方でした。
ところがミニスカートをはいていくと熱心に話を聞き、新しい薬を処方してくれたのです。
私の思い過ごしかと思いましたが、そこにかかっている友達も、そのまた友達もそうだと言っていました。
(2002年秋頃~2003年10月)

「先生は話をきちんと聞いてくださる方でした。
待ち時間はほとんどないです。そのかわり、予約もできないですけど」
(2ch過去ログより)
中央区/クリニック △ page top


::平林メンタルクリニック
神経科・心療内科・精神科

住所:南1条東1丁目5大通バスセンタービル1号館3F
(地下鉄大通駅26・27番出口より徒歩約5分、 大通駅地下コンコースをご利用の方はバスセンター前駅方面に向かい、「大通バスセンタービル」入口からエスカレーターとエレベータをご利用ください)

診療時間は
月~金曜9:30~13:00・14:00~17:30
土・日曜・祝日は休診

2004年6月開院

平林メンタル


情報募集中
中央区/クリニック △ page top


::第一内科神経科クリニック
内科・心療内科

住所:中央区北3条西4丁目札幌駅前第一生命ビル3F

受付時間は 月・火・木・金9:00~12:00・14:00~17:00
水・土曜9:00~12:00
第2・4土曜・日曜・祝日は休診

20071109100213.jpg

画像は現在の入り口のモノになります。
現在院長が変わり、先生は2人になりました。
2人の時は水曜・土曜の午前中診察の時になるようです。そこはちょっと詳しくはわかりません。
また受付時間も変更しています。(上記受付時間は修正済み)
私は新しい院長先生に診てもらっていますが、結構くだらない話にも付き合ってくれます。
ただ通院歴が長いので5分診察の方が多いです。薬は割と簡単に出してもらっています。
看護婦さんも若い方に変わっています。
それと今までは院内処方だったのが現在は同じビルの地下の薬局とか?で出してもらうように変わりました。
あとは同じフロアですが場所が変わりました。新院長になってから新しくなり明るい感じになっています。
(2007年11月)
中央区/クリニック △ page top


::優メンタルクリニック
心療内科・精神科

住所:中央区北4条西3丁目成友ビル6F
(地下鉄さっぽろ駅(5番出口)直結、札幌駅南口から徒歩1分)

診療時間は9:00~17:00  

2009年4月開院

日曜日にやっている、午前午後診療と分かれていない、駅周辺、初診予約等が無いのは良いと思いました。
受付スタッフは私語が多いように感じました。仕事は淡々とこなしているような印象でした。
診察は初診時は他の方のような感じで質問されて答えました(彼氏はいるの?の問いは私も疑問でした)。
前回調子が悪くなり、行ったところ、以前はいなかった、カウンセラーが診察に同席していて、(カウンセリング希望等は出してないです)その時に「この患者さんはこういった症状で来てますから」と初診時に聞かれた生い立ちから何から何まで全て読み上げられ、初対面の第三者に筒抜けと感じ、とても不快な思いをしました。
投薬については、院内処方という点では便利だと思います。ただ、私の場合は慢性的な不眠なのですが、寝る前に処方された薬をネットで調べた所、何故か別の病気の薬でした。一応飲み続けたのですが、副作用が酷く、次の診察でその旨を伝えたところ、またその病気のほかの薬を処方され、また副作用…肝心の睡眠は質の良い睡眠は取れずじまい… 薬の知識は豊富なのか?と疑問に思いました。
薬はともかく、上記の不快な思いがまだひっかかっているので、ここでは頑張れそうにないです…
(2009年8月投稿)
★薬について不安な点は薬剤師さんに相談してみてはどうでしょう?(fromアローゼンズ)

今まで通院していた病院で心が折れてしまい、転院を決意。泣けるばかりで頓服を飲まないと頭痛がひどかったので、カウンセリングもしていて紹介状も不要。予約制ではなかったので、すぐに行ってみました。受付の方は電話では感じが良い印象でしたが、行ってみると女性2人でずっとおしゃべりしているのが耳障りで、派遣かなという印象でした。
待合室は写真の通りでしたが、狭い感じで、何より椅子がリラックスできない形で肩凝りがつらかったです。テレビは必要ないと思いました。精神的疲労に電磁波は体に悪いです。
待ってる人たちは殆ど連れ、付き添い有りでしたが、談笑してたりと、どこが悪いのかなと見受けするような、軽症な感じの人ばかりでした。
問診表を書き、眠って待っているうちに診察室に呼ばれました。体格も声も大きい先生で、私には少し高圧的に感じました。
クチコミでは、ゆっくりと話してくれるとありましたが、非常に早口というか、矢継ぎ早の質問攻め。問診表を読まずに質問をされ続けました。
「何人暮らし?」「父親は何歳ですか」亡くなっています。「何歳で亡くなりましたか」53歳です。「それはもったいなかったですね」…私には、もったいないという言葉では済まないですが…「では、何と表現しますか」…無言になりました。「母親は何歳ですか」問診表にも書きましたが、亡くなりました。それから調子が悪いんです。両親の職業にも言及。H大で働いていたというと、かなり興味を示していました。
「彼氏はいますか」(この質問にはかなり驚きました)「彼氏の職業はなんですか」暫く連絡を取っていない状態と答えると「形だけの彼氏ってことですね」(カッチーン。彼は癌で抗癌剤治療中でした)
こんなやりとりが短い時間に延々と繰り広げられ、「前の病院はなぜやめたんですか、話聞いてくれると聞きますが」ことの経緯を話し、つらかったのですぐにこちらに来たと話しましたが、興味はなかったようです。「薬切れる頃に来たら良かったのにね」と言われ、その日はそれでおしまい。
受験した高校や、受かった高校名まで訊かれましたが、家族の神経症歴など一切訊かれず、「だんだん輪郭が見えてきましたよ」と言われました。無駄な時間でした。
(2009年8月投稿)

●受付:まるで事務処理をこなすかのように、淡々と応対してました。よく言えば、さばさばしている。悪く言えば、冷たい印象です。
●問診表:初診だったので問診表を書いたのですが、その場では書きにくい項目も少々あったように感じます。もし余裕のある方は、ホームページから問診表を印刷して記入してから行くとスムーズかと思います。
●待合室:日曜日に伺ったのですが、付き添い含め10人程度の方がいらっしゃいました。
椅子は全部で12脚程度だったかと思います。テレビと雑誌が少々、そしてミネラルウォーターとキャンディーが置いてありました。少々狭いので、人が多い時は待ち時間の残りを聞いて近隣のデパートなどで時間をつぶしてもいいかもしれません。喫煙者の方は、クリニックを出てすぐにあるエレベーターの前に灰皿が置いてあったので、そちらで時間をつぶすもよし。
あと、他の方が書いてあるとおりのことになりますが、クリニック内では靴を脱ぐことになるので、気になる方は靴下を履く、もしくは自分でスリッパを用意すると安心かも。
●診察:診察室に入ると、まず名刺を渡されました。次に簡単に挨拶をしたあと、現在感じていること、症状、家族構成、友人関係、(何故か)恋人の有無、それらの人達の性格、いいところ、悪いところ、今までの生い立ち等を聞かれました。細かく聞く割にはあまり回答を待ってくれません。ただ、しっかりとカルテに書きとめていたので、話は聞いてくれていたのかと思います。
ちなみに、この時私は1人で受診したのですが、「誰でもいいから一緒に来れないか?」と聞かれました。どうやら、周りの人の協力を得て治していこう、というような治療方針のようです。そして、診療の最後に「次回は誰かと一緒に来てください。貴方は病気じゃないので、必ずそれで治ります」と仰ってました。こちらの先生は、薬物療法をあまり好まないようで私は軽い睡眠障害なのですが、薬の処方は一切なしでした。
●会計:処方箋なしで2500円程度でした。薬は院内処方もあるようなので便利かと思います。
●その他:予約制ではないので私生活の都合に合わせることが可能です。
薬物療法を望まない方、周りの方の理解があり一緒に通院が可能な方、にはオススメできるかと思います。
私は先生との相性もあまりよくなかったので、別の病院へ行くことにしました。
(2009年7月投稿)

札幌駅すぐ、予約不要、休診日なし。土日も診療しているのでありがたいです。
今年開院したばかりのクリニック。初診で行きましたが非常に混みあっている感じです。
ただ、初めに問診した後に詳しく話をするまで時間が出来るので、その間は外出可能です(受付にはきちんと言いましょう)。札幌駅のそばなので、そういう意味では待ち時間中に他の用事が済ませられて便利だと思います。
先生もきちんと話を聞いてくれて丁寧な感じです。
できれば両親と来るように勧められました。実際に親子での来院も多かったです。
(2009年7月投稿)

前のクリニックでは、結局匙をなげられた形となったのですが、近くに新しく開いたばかりのクリニックがあると紹介を受けホームページを確認してから受診しました。
空いていたせいか、十分時間をかけてもらえました。希望が持てそうな気がして、安心しました。
受付の女性も親切です。室内はきれいで、スリッパが無くじゅうたんの上を歩きました。
今後期待したいクリニックでした。
(2009年4月)
中央区/クリニック △ page top


::渡辺神経科クリニック
精神科 神経科

住所:中央区大通西13丁目中菱ビル2F

診療時間は9:30~15:00
初診時受付時間は
月・火・木・金曜9:30~11:00・13:00~14:00
水曜午後・土・日曜・祝日は休診

watanabe


古いビルにあります。
(THE☆アローゼンズより)

情報募集中
中央区/クリニック △ page top


::医療法人社団 朋友会 石金病院
精神科・神経科・内科

外来は9:00~12:30と13:30~15:00
第1土曜と第5土曜のみ診察
日曜・祝日は休診

・住所:北区新川714
・増築工事中(2002年10月)
・外来ロビーの雰囲気は良く、事務の方の対応も誠実
・老人の長期療養は受け入れていない
・地下鉄麻生駅5番出口前から病院バス運行
 (10:00発、12:45発※土曜は10:00発のみ)
 市営バス、地下鉄北24条駅発
  北73 新琴似2番線(中央バス)
 北72 新川線(中央バス)で
 「新川ターミナル」または「新川6条16丁目」下車
 市営バス、地下鉄宮の沢駅発
 西44 工業団地線(中央バス)
 西48・西49 新川発寒線(中央バス) で
 「新川6条16丁目」下車
 中央バス、地下鉄麻生駅発、(麻生06)新琴似6条線で
 「新川7条16丁目」下車

isigane01.jpg

《評価》
雰囲気 ☆☆☆
施 設 ☆☆
立 地 ☆

《外来》
私は自殺を計り、酒と薬を大量に飲んで全身を刃物で切り刻みました。
救急病院で一瞬意識を取り戻し、次に気がついたら石金病院の待合室に母と一緒に座っていました。
当時、私は解離が酷かったので断片的にしか覚えていないのですが、診察室に呼ばれて母と入っていき、K医師と母が何か話をした後、母だけ外に出されました。
何をされるのかと思えば、K医師は、私が切った全身の写真を撮らせてほしいと言うのです。
私はまだ酒と薬が抜けきっておらず、朦朧状態だったのでさからえず、パシャパシャ写真を撮られました。
顔、首、胸、腕、手首、脚全体、流石に胸だけは撮られなかったと思いますが。
その後、脳波をとったり血液検査を受けたりしました。薬は処方された記憶がありません。
天使病院に紹介状を書いてもらい、そこで精神鑑定を受けるようにと言われた、と母が言っていました。
私は精神鑑定が怖かったので天使病院には行きませんでした。

そして、一昨年の秋頃からMクリニックに通い出したのですが、そこの薬の処方に疑問を感じ、石金病院のことを思い出して1人で行ってみました。
またK医師に脳波をとられて、その間中幻覚が見えました。
記憶を失っている間に好ましくない行動をとったり、幻覚、幻聴があることを言いました。
処方はメデポリン(コンスタンのゾロ)とグッドミン(レンドルミンのゾロ)だけ。
2回目に行ったときは女医で、当時私は莫大な借金を抱えていて水商売をしていたのですが、「自己破産して仕事をやめなさい」と言われました。
薬が効かないし、これだけでは足りないのでは?との問いには
「余計な薬を飲むと、余計に幻覚や幻聴が悪化しますよ」でした。
しかしながら、内科的な検査(脳波、血液、尿etc.)をしっかりしてくれるので、薬に頼らないで治したいと言う方には良い病院だと思います。
(1999年・2002年)

「主治医はそんなに悪くないと思う。待ち時間が少なく、薬も少ない」とのこと。
(2ch過去ログ)

isigane02.jpg

《入院》
情報募集中
北区/病院 △ page top


::医療法人社団栄社会 小原病院
精神科・神経科・内科

外来は月~金は9:15~12:00(受け付け9:00~11:30)
土曜・日曜・祝日・第2、第4土曜は休診

・住所:北区屯田9条12丁目
・医師2名
・中央バス(南花畔線/花川北6の5経由)で「屯田北」下車徒歩2分

obara01.jpg

《評価》
雰囲気 ☆☆
施 設 ☆☆
立 地 ☆

obara04.jpg

《外来》
ずいぶん前の話ですが、ここの院長がまだ北大に勤務していた頃に
診察を受けたことがあります。看護婦や他の医療スタッフの前では
普通に振る舞っているのに、患者と一対一になると態度が一変し、
あからさまに患者をバカにする。人権侵害だと感じました。
受診されないことをおすすめします。
(病院長北大勤務時・時期不詳)

「個人的には好きですよぉ」
(2ch過去ログより)

《入院》
情報募集中
obara03.jpg

北区/病院 △ page top


::医療法人社団GMC 五稜会病院
神経科・精神科・胃腸科・心療内科

外来は月~金は9:00~12:00までの受付
第1・3土曜は9:00~16:00までの受付
日曜・祝日・第2、第4、第5土曜は休診

・消毒済みの清潔なスリッパ
・外来ではアルコール、不眠、思春期など専門の医師が対応
・地下鉄麻生駅と病院を結ぶ送迎バス運行
 JR学園都市線篠路駅より約1.2キロ
 中央バス札幌ターミナル11番乗場
  麻生ダイエー横ターミナル2番乗場から、
 篠路10条4丁目線(34・35・36麻32麻33)で
「篠路9条4丁目」下車徒歩2分

goryou03.jpg

《評価》
雰囲気 ☆☆☆
施 設 ☆☆
立 地 ☆

goryou02.jpg

《外来》
最悪の部類に入る病院だと思います。 
まず立地条件が最悪。見晴らしは良いですが^^; 
そして医者ですが無口。治療する気皆無。
こっちから質問しないと何も喋ろうとしない。つまり診察していない。
そして臨床心理士。逆切れする。薬・薬うるさい。
(2007年11月)

札幌ターミナルよりバスに乗り、言われたバス停で降りると、まるで札幌とは思えない風景が広がっている。
向かいにレオパレスがあるが法人借り上げではないか?
外側は古いが内装をリフォームしているようだ。しかし、どうみてもリフォームには金をかけてない様子。
PSWの問診があったが、いかにも社会経験が少なそうなお嬢さんで話しづらかった。
Nというドクター宛の紹介状を持っていったので、その医師の診察を受けたが、診察室のドアは開いたまま。立ち聞きされているような感じ。ドクターの安全を守るためなのか?それだけ重症の患者が多いのか?
Nドクターは高圧的で一方的に話す。気があわなそうなので、入院を勧められ受診したのだが、入院をはやめることにした。マンパワー不足を感じる。
(2007年4月)

一度だけ行きました。
噂のN医師でした(泣笑)。
超傲慢て感じで、もう死んでも行きたくないです。
診察→医者と患者の距離ものすごっ。机めっちゃデカイの。
患者を見下している。
何もしてないのに「本人が治す気があるのか~」とまるで好きで病気になったみたいな言い方をされて暴れたくなりました。
皆さん!N医師には気をつけましょう。
(2004年頃)

精神的におかしくなり、リスカ、ODを重ねていたところ、知人に勧められて受診しました。
予約はなし、ロビーには奇声を発する方が何人かいました。
混んでいて待ち時間は長い。病院自体は綺麗な方です。
私の担当は、中年の先生で威圧感がありすぎです。
あまり話を聞いてくれず薬を処方され、人と会いたくないと言ってるにもかかわらず、ディケアを執拗に勧められました。もう行きません。
(2005年4~5月頃)

睡眠障害で通院中です。
キレイな病院です。スリッパも消毒済みの紙テープが巻いてあります。
ですが、かなり混雑していて入院患者もうろうろ。初診で行かれる方は多少うるさく感じるかもしれません。
初診時、臨床心理士に現状を話してから、 選択式の心理テストみたいなものをして、それから医師の診察です。
担当のS医師は診察時間は短めですが、無理に話を聞きだす訳ではなく、 こちらの言うことを良く聞いてくれます。
私個人としては、気持ち的にとてもラクで助かっています。
予約無しで行けますが、待ち時間は結構長い。
その日によって違うけど、だいたい30分~2時間くらいです。
(2003年9月通院中)

goryou01.jpg

《入院》
主治医は院長。
いろんな悪評は聞いてはいたけれど、気付かなかった。
でも入院で、あたし自身酷い目にあって、思い知ったわ。
強気に出る者には弱く(病院の規則を例外的に許可してまでね)、おとなしい者には強気なうえ、
イジメや八つ当たりと言えるようなことすらする。
でも本人、気付いてないんだろうな。
プライド高すぎて、潜在意識が気付かせまいとしているのかしら?
だとしたら、本人が深く病んでいるか、性根が腐った臆病者なのね。
あたしは酷い仕打ちを受けた。
軽うつだったのに、院長の卑劣な態度や行為のせいで、一時狂ってしまったもの。
症状は確実に悪化したし、精神科医が怖くなってしまった。
信じていたのに…。
デリケートな人だったら、逆に破壊されてしまうと思う。
心のみならず。
証拠もあるから、法的手段に出ようとも思ったけれど、
ダメ、そんな力も出ない。それほどダメージ喰らったし、もう忘れてしまいたい。
ある程度付き合わないと正体現さないから、
「単なる嫌がらせの書き込みじゃないの?」って思う人もいるかもしれないけど、
誰かに、あたしみたいな思いをさせたくない、だから書き込んだの。
悲しいし、悔しい。
あんな人間が、大きな精神科病院の院長で、
“先生”と呼ばれながら、完全なパワーハラスメントで、弱いものイジメしてる。
あんな偽善者のせいで新たな被害者が出ませんように。
(2009年3月投稿)


私は五稜会病院に3ヵ月間入院していました。
五稜会には4つの病棟があります。
1病棟、5病棟(ストレス・思春期病棟)は開放です。
2病棟(急性期病棟)、3病棟は閉鎖です。
1病棟と3病棟は長期入院の人が多いです。
看護師さんから聞いた話では30年以上入院している人もいるそうです。
2病棟、5病棟は最長で90日間しかいられません。

私の担当医は副院長のN医師でした。
最初の2週間は2病棟の4人部屋。
女性は4人部屋が2つ、あとは全て1人部屋です。
1人部屋の人は時間帯によって鍵をかけられたりしていました。
保護室は看護室の中に3つあります。
白い鉄格子でトイレと布団しかありません。
トイレの水は鉄格子の外からしか流せません。
荷物は全てチェック!!
携帯、PC、現金、紐のついた服、シャープ、刃物、針、ストッキング、ハイソックス、etc…は持ち込み禁止です。
自販機が置いてあるのですが『ジュースカード』というので買います。
売店にも行けないので、注文表にほしいものを書いて提出すると看護助手さんが持ってきてくれます。
ただ、お金を預けている人のみです。お金を預けるのに1日50円とられます。
看護室はガラス張りになっていて、数ヵ所手が入るような隙間があります。
人によってはコンタクトレンズ禁止の人もいます。
消灯は10時で、起床時間には放送がかかります。
2病棟は保護入院の人が多いです。私は任意でしたが。

1病棟は3人部屋と4人部屋です。普通の病院って感じですね。

5病棟はホテルみたいな感じです。1階と2階に部屋があり、中2階に看護室があります。
1階は男性病棟だったのですが、女性患者が増えて1階の半分以上を占めていました。
2階は女性病棟で家族以外の男性は2階にはいけません。
部屋ですがほとんどが1人部屋と2人部屋。
3人部屋は2つです。
2人部屋と言っても入り口が同じだけで、カーテンではなくて、壁で区切られています。

1人部屋は1日1000円でTV付き、特別室は1日5000円。
5病棟に移ってきた人や入院したばかりの人は、学習室というところでいろいろと看護部長さんが説明してくれます。
学習室ではDVDがみれます。携帯もPCも持ち込みOKです。
ただPCは1日50円電気代としてとられます。
普通家庭で使う扇風機も持ち込みOKです。
荷物チェックがないので何でも持ち込もうと思えば可能です。
午後1~2時までは『お散歩カード』というのを出せばコンビニなどに行けます。
『お散歩カード』は病棟に来て1週間ほど経てばもらえます。
ただ自分から看護師さんに言わなければもらえません。
5病棟は院長の担当の病棟なので、週1回回診があります。

お風呂は1人暮らしのマンションみたいな感じで1人用で、2室あります。
1人30分で予約表に名前を書いてその時間内にお風呂に入ります。
ちなみにお風呂場には時計が置いてあります。
食事は食堂でとる人が多いです。
月・水・金はセレクトメニューでご飯かパンかを選べます。
朝食は毎日パンが言いといえばパンにしてくれます。
毎食パンでもOKです。
手巻き寿司が出たこともありました。
偶数月には『デザートフェスタ』というのがあります。
アイスやケーキなど好きなものを選べます。
看護師さんはみんないい人ばかりです。
1日に何度も『かわりない??』と言って部屋に来ます。
部屋にいない場合は探します。

売店は私が入院している間に場所が変わりました。
元の売店は診察室になり、売店は喫茶にできました。
雑誌など置いていて以前より広くなりました。

医師ですが院長は『セクハラ○○』と言われています。
院長は毎日のように面談があるそうです。
副院長の『N医師』は年配の人には人気がありますが、若い人にはいまいちです。
20071205083820.jpg
20071205083829.jpg
写真は2人部屋です。
(2007年6~8月入院)

自分が入院したのは5病棟という開放病棟でした。
いい所は部屋が綺麗なこと。
それ以外は自分にとって最悪でした。
特に担当医のS医師が最悪で、他の患者にもかなり評判が悪く、
自分も入院前より遥かに悪化して退院しました。
明らかに病気なのに「君は病気じゃないから」と言われ強制退院させられた人もいました。
とても仲がよかった友達も彼が原因で自殺を図りました。
見つかり命は助かりましたが心は死んでいます。もう、二度と近寄りたくないです。
(2005年4月)

若い人が多いので、若い人には居心地がいいかもしれないです。
自分はその頃17歳でした。
自分の悩みをどうにかしたいと本気で思っている人ならば
カウンセラーの方もすげー真剣に考えてくれます。
入院環境は悪くないと思う。開放病棟ならば。
でも副院長は評判悪いです。
(2001年春入院)

悩みがいろいろ重なり、自傷行為を繰り返していた私は、入院を希望するようになりました。
開放病棟に入院が決まり、行ってみると狭い5人用の部屋で、同室の患者さんはみんな鬱でした。
荷物検査は厳しくなく、みんな携帯を隠し持って、メールで外との連絡を取っていました。
食事は食堂で。おいしかったです。
私が入った病棟は噂で「天国」と聞いたことがあります。
アル中で入っているのに酒を持ち込んでもばれないそうです。その噂は本当でした。
入院1週間後くらいから、作業療法に参加するようになりました。
絵画、貼り絵、押し花、フラワーアレンジメント、ペン習字、茶道といろいろありましたが、
ただみんなでお茶してお菓子を食べるというものでした。
カラオケの時は結構人気で、何曲も歌いたがる人がたくさんいました。
あと、朝ウォーキングというのに参加してみたら、作業療法室をぐるぐると曲に合わせて歩くだけでした。
メイクの日というのもあって美容師さんがメイクをしてくれたりもしました。
治療ですが、私は「認知療法」をすることになりました。
これは考え方を変えなければならないので結構大変でした。
しかし、とにかく暇な時は暇で、持ち込んだ本やMDを聞いて過ごしたりもしましたが、
もともとじっとしているのが苦手な私は1ヵ月の予定だった入院期間を3週間で終わらせました。
鬱が治ったかというと「うん」とは言えません。
でも世間を離れて心静かな環境で過ごすのもいいなと思いました。
最後に追加で。カウンセラーは数人いるのですが、私の担当になった人ははずれでした。
指定された時間にカウンセリング室に行ったのですが、そのカウンセラーはいませんでした。
病院で放送を流しても見つかりませんでした。
後で話を聞くと、自分自身がパニックになって病院に連絡もせず、帰ったらしいです。
今勤務を続けているかどうかはわかりませんが、そんなカウンセラーもいるということをお知らせしておきます。
(2000年秋入院)
北区/病院 △ page top


::医療法人研成会 札幌鈴木病院
精神科・神経科・診療内科

月~金曜9:00~12:00・13:00~17:00
土曜は午前のみ
日曜・祝日は休診

・住所:北区新琴似3条1丁目
・地下鉄麻生・琴似駅前発市営バス
 北46 新琴似線(JRバス)
「札幌鈴木病院前」下車
・2F病棟へ潜入したところカーテンのない4人部屋でお年寄り多数

《評価》
雰囲気 ☆☆☆
施 設 ☆☆☆
立 地 ☆☆

suzuki01.jpg

《入院→外来》
以前札幌鈴木病院入院中にメールさせていただいたものです。
訂正、および通院体験談、送らせていただきます。
以前のメールには、「2階はもしかすると内科」と書きましたが、 2階は「開放病棟」でした。
3階が閉鎖で、4階が「急性期病棟、開放と閉鎖」です。

そして、通院ですが、私の場合、入院が先だったので、初診の方の役には立てないかもしれません。
鈴木病院には、内科(糖尿病メイン)と精神科があり、入り口は別です。
今は、「午前中予約なし、午後は予約のみ」です。診察券はありません。
私の場合、退院時に渡された「退院時療養計画書」に次回診察日と時間が書いてありました。
その日に行って、受付で名前を告げるだけです。
予約もそれほどみちみちに入れてあるわけではなく、話したがる患者(私ですが)のときは30分に2~3人の予約等にしてあったりして、
臨機応変にしてくれていて、好印象です。
診察終了後、次回の診察日と時間を書いたメモを渡され、次の回からは、それを受付に渡すことになります。
受付の女性は割と感じがいい方です。公費負担制度の説明もどこかに貼ってあった気がします。
そういった、生活面、金銭面での相談、対応は親切にやってもらえるのではないかと思います。
院外処方で、薬局は病院を出て、すぐのところにあります。
たぶん鈴木病院の患者さんがメインのようで、薬局で待たされることもあまりありません。
(2005年3月)

《外来》
私は大うつ病性障害+離人症で9月の初めから通院しています。
数年前に改築したらしく、とてもキレイな病院です。
私は院長先生にかかっていますが、院長先生は冷静沈着な方で、話をじっと聞いてくれます。
そしてそれに見合った薬を真剣に考えてくれます。
しかし、都合で違う先生にかかったところ(相性のせいなんでしょうか)全然合いませんでした。
先日は副院長にかかりました。
サバサバしていていますが(言い換えればちょっと冷たい)適切な処置はしてくれます。
院長とは違って「出来れば薬を減らしていく」方針でやっているようです。
院長、副院長とも待ち時間は1時間~2時間。
他の先生の場合でも30分は待たされます。結構きついです。
診察券はありません。
予約制はとっていないので、早い者勝ち(台帳に名前を書く仕組みになっています)。
受付時間は9~11時、午後は1~4時、午前中の診察が実際に始まるのは9時半過ぎ。
病院は8時に開き、早い人だと8時に台帳に名前を書いてしまいます。
私的におすすめなのは、3時50分くらいを狙って行く事。比較的待ち時間も少なくて済みます。
が、待ち時間がつらいので、転院を考えています。
(2002年12月通院中)

5、6年前に私がはじめて行った精神病院でした。
しばらく待って診察室に呼ばれていくと、老婆のような女医がいました。
リストカットをしてしまうこと、仕事中、急に息が出来なくなり立っていられず口も聞けなくなる事などを話しました。
返ってきた言葉はこうでした。
「あなたのような人は自殺するので薬は出せません。」
近くの精神病院はそこしか知らなかったので、しかたなく曜日を変えて違う医者に診察を受けました。
診察室に入ると今度は中年の医師がいました。
「仕事で、お客さんに嫌なことをたくさん言われるんです」
返ってきた言葉は、「フン、ま、世の中にはいろんな人がいるからね。それで?」でした。
そこに行くのはやめました。余計に症状が悪化しました。
(1998年頃)

suzuki02.jpg

《入院》
4階閉鎖病棟入院中です。
以前の体験談に書かれていた「老婆のような女医」さんは今のところ見受けられません。
内科(糖尿病中心)もあるのでそちらの先生なのかもしれません。
現在外来を受け持っているのは、院長、3~40代の女性(院長の娘さん)、若い女性、30代後半の男性の4人であるようです。
臨床心理士も院長先生の娘さんのようです。
ほかの方の話を聞く限りでは、女医さん2人は割とはきはき話す方らしいです。
私の主治医は穏やかに話を聞いてくださる方なのでありがたいです。
メシは思ったほどまずくはないです。
あと、4階は後から増築したものらしく、新しくてきれいです(半分が閉鎖、鍵のかかったドアの向こうには開放病棟があります)。
3階は本格的な閉鎖病棟で、また別に担当の先生がいらっしゃるようです。
2階は退院間近な人、内科の病も患っている人が多いように見受けられます。
5階は作業療法室で、デイケアなども行われているようです。
以上、とり急ぎご報告まで。
(2004月8月~11月入院中)
北区/病院 △ page top


| home | next>>
Copyright © 2007 the★札幌精神病院★ミシュラン , All rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。