FC2ブログ
::スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 △ page top


::市立札幌病院静療院


精神科・神経科

外来は月~金曜8:45~11:30までの受付
土・日曜・祝日は休診

・住所:豊平区4条18丁目
・地下鉄南平岸駅・澄川駅から700m
  (徒歩約15分)
 大通駅から乗車の場合、南平下車がおすすめ。
・内部はよく手入れされている
・新しい体育館あり、昔ながらの鉄格子も
・乳幼児、小学生、中学生を対象とした小児外来があることでも知られる
(予約制、入院受入あり)

《評価》
雰囲気☆☆
施  設☆☆
立  地☆☆

・2004年11月より、成人外来にて予約診療開始(予約開始は10/1~)
・2002年8月1日から下記料金(税込)が掛かるように
 再診患者加算→ほかの病院・診療所への文書紹介をされながら再受診すると1回¥300
 非紹介患者初診加算→ほかの病院・診療所からの文書紹介なしで診察を受けると¥1150

《外来》

sin01.jpg

院長先生にかかっていますが、早い時間帯であれば受診が早いかと思います。初診日のみですけどね。ですので、みなさま、早く起きて病院に行くべき!!かと思います。
私は欲しい薬を欲しい分だけ「くれ」っていうと限界まで出されるので、減薬に苦しむタイプです。なので、いい悪いはっきりするかもしれませんね。
ちなみに2度入院しました。最後に入院したのは2年前。アルコール依存症で入院しました。閉鎖になりましたが、携帯電話ももって院庭も散歩させてくれるし、週末は邪魔だから帰れ!ということで週末は帰宅させられましたし、まあ、楽な入院生活でした。昼寝するしかなかったですけどね。うっかりすると主治医のカウンセリングがあり寝てられず。
臨床指導医によるカウンセリングはありません。私自身も合わないので希望しません。
薬で太ってしまって血液でも異常値があるため食事療法をしています。栄養士さんもよいし、おいしい料理の指導もしてくれるしとてもいいです。
(2009年3月投稿)

金曜に通っていますが、先生がよく話を聞いてくれる分、待ち時間はかなり長いです。最高で5時間待ちました。
診察は、おっとりした雰囲気ですが、おっとりした口調で時々グサッと来るような事を言われたりします。でも当たってるのでそれはそれで良しと思っています。
最近になって、院内処方を止めて院外薬局で薬を受け取るように指導されました。
(2004年6月通院中)

月曜と木曜が特に混んでいて、火曜日はかなり空いてます。
水曜日は医師が2名いるので、2名分の患者という感じで混雑してます。
待ち時間は、喫煙所で顔見知りの人とお話したり、まったりした雰囲気です。
予約制ではないので、大体2時間ぐらい待たされます。なので、みんな入院していた病棟に面会に行ったりして時間をつぶしてるみたいです。
(2003年3月)

雰囲気はそこそこいいが、大変混む。
予約制でなく、早朝からやって来る人がいるので、非常に待たされることも。
まあ、長時間待たされても、ストレスはあまり感じないけど。
売店、微妙な商品が多い。
(2002年秋通院中)



《入院》

豊_静療院_病室内


2Fの開放病棟に3ヵ月半ほど入院しました。
ざっと見たところ私が一番軽症かもしれないと思いました。
20代はひとりだったかもしれません。病棟の雰囲気は悪くないです。
ご飯もマジでおいしいです。
看護婦さんは病気と薬に対する知識が割となかったりしますが
辛いと思ったら愚痴ったりもできます。
あと、2~3年に一度患者整理をしてるという噂があります。 患者間での噂によると、
長期入院は5年までというルールがあるらしいです。
何年も状態の変化しない患者(老人等)は相応の施設に移して、長期入院を減らそうとする動きらしいです。
そういう訳で、中毒系の患者の受け入れは今はやっていないみたいです?
あと、リタリンを結構出してるみたいで薬局の前にあるゴミ箱にいつも瓶が捨ててありました。
「うつ病」じゃなくて「躁鬱」の患者さんが多いせいかリーマスの箱も大量に捨ててありました
入院費の支払いについては、分納や延期等の相談に応じてくれます。
医療相談室があって、ケアワーカーみたいな人が親切に教えてくれますよ。
事情(無職だったので給料をもらってない、生命保険に加入してないとか)を話せば、
月1万円くらいから分割払いに応じてくれます。
「無い物を払えとはこっちも言えない」と言っていましたよ。
(2002年夏入院)

4階の閉鎖に入院しました。
6人部屋で、同室の方々は結構イッちゃってましたがそれ以外の人はマシな人が多かったです。
それでもデイルームでイスが飛んできたり、老人に殴られたりといろいろありました。
食事は量も丁度よく、美味しく戴きました(特にパン)。週2回セレクトメニューもあります。
また、3食の他におやつtimeがあります。
木曜の売店ショッピングで一週間分のおやつを買い(¥1000分)、おやつtimeをメインに食べるそうです。
入院当初、私は拒食気味だったのでおやつtimeも売店ショッピングもなしでした。
おやつのほかにも欲しいものがあれば、木曜に看護士さんに頼むと買ってきてもらえます。
お小遣いは預けました。当たり前ですが、買った分だけ差し引かれます
院内散歩が許可された後は、こっそり買い物していました。
ダイエットコーラやお茶にはじまり、おやつも買いました。
夕方外来のベンチに座りモゴモゴ食べるのです。おやつ無しでは昼食~夕食までもちません。
週2回の体育館活動はとても楽しかったです。
喫煙はライターを各自で持つことができないので、詰所の前にぶら下がっているライターを使います。
デイルームの隅には喫煙コーナーがあり、火を付けてから移動するわけです。
最後に私が没収された品々をあげておきます。参考まで。
・汗さらさらシート
・シャンプー、リンス、トリートメント、ボディソープ
・洗顔料、化粧水、乳液
・CDウォークマン、CD
・ノート レターセット、ペン
・本類、ゲームボーイ
・ウィズユーカード
(2002年12月~2003年1月)


《小児外来》
10年程前に、2~3ヵ月通院しました。
当時中3で、イジメが原因の不登校だったのですが、
別の病院に行ったところ、初診でこちらを紹介されました。
予約の電話を入れたところかなり混んでいるようで、紹介状を持っていても1ヵ月待ちでした。
日時を予約した後、病院に着いてからも1時間くらい普通に待ちます。
地下鉄から結構歩くし坂道なので、冬は通うのがとても大変と思われます。
担当だった医師は今はいませんが、じっくり話を聞いてくれて、とても優しいT医師でした。
(1993年頃通院)

私は、いじめが原因で不登校と保健室登校をくり返していました。
養護の先生の紹介を受け、学校を早退して2~3年通院しました。
完全予約制とはいえ、かなり待ちます。それだけ、当時から小児精神科は需要があったのでしょう。
診察室は、成人の診察室の2倍位の広さで、医師と患者は机を挟んで向い合わせに座ります。
広い窓があり、明るく開放感があるのは、成人の診察室と大違いです。
医師も看護師も子ども相手なだけに、皆優しいです。
もちろん、とても時間をかけてじっくり話を聞いてくれます。
その空間全てが私にとっては、オアシスみたいな感じでした。
情緒不安定でよく大泣きしていましたが、テイッシュが用意されていました。
また、調子が悪い時や発作時は点滴なども受けました。そういう対処が早いのはとても嬉しかったです。
親へのフォローもしっかりと行われているようでした。処方も良かったと記憶しています。
ちなみにワタシの主治医は今もご健在です。
(1992年頃~通院)
スポンサーサイト
豊平区/病院 △ page top


| home |
Copyright © 2018 the★札幌精神病院★ミシュラン , All rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。