FC2ブログ
::スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 △ page top


::医療法人慈藻会 平松記念病院
精神科・神経科・内科

新患受付9:00~11:00・13:00~15:00
再来受付9:00~11:30・13:00~15:00
土曜は第2・4以外の午前中のみ診療
第2・4土曜・日曜・祝日は休診

・住所:中央区南22条西14丁目
・中央図書館隣り、電停前で交通アクセス良好
・徒歩2分圏内にスーパー、コンビニあり

hiramatu0001.jpg

《評価》
雰囲気 ☆☆
施 設 ☆☆☆
立 地 ☆☆☆

《外来》
過去に入院したことがあったので、リスカとODの治療のため入院を希望して、評判が
いいと聞いていた中年のM医師に診察を受けました。
しかし、納得のいかない説明を受け、入院も外来治療も断られ、私はパニックになってしまいました。
看護婦が「付き添いの家族の方を呼びますか?」と声をかけてくれましたが、
医師は「呼ばなくていい」と言って、私は追い出されるように診察室を後にしました。。
薬は処方してくれましたが、薬を待っている間、過呼吸がおきても何ら処置もしてくれないという状態。
他人の評判をうかつに信じるものではないなと痛感しました。
外来の待合室には今どきの若い女性が多かったと記憶しています。
(2003年9月頃)

hiramatu0000.jpg

どこもそうだろうが、雰囲気はあまり良くない。
入院患者の同窓会的存在でうるさい患者ばかり。
私は体調が悪くて通院してるのに、話しかけてきたりでいい迷惑。
副医院長のT医師(女医)は腕がいい。
T医師の日はとても混む。
(2002年秋通院)

hiramatu0002.jpg

《入院》
私が入院した病棟は、旧棟の5棟と呼ばれ、男女混合開放病棟。
ちなみに、新棟は閉鎖各種と老人病棟(写真は新棟)。
各ベッドにTV付き。最近、給食の業者が変わってとても美味しいらしい。
入院1週間は安静期間として外出は不可だが、その後は割と自由。
しかし札幌イチ、ガードが堅いと思われ、あらゆるところに鍵がかかっている。
作業療法室へ行くにも看護婦さんに鍵を開けてもらわねばならない。
おまけにライター所持は禁止で煙草に火をつけるのは蚊取り線香。
開放という名の閉鎖のようだ。
また、入院患者が外来に行くのは禁止。
外来から病棟へ行くのも禁止、というか鍵がかかっていて行けないようになっている。
院長が担当医だと入院期間が長くなると言われていた。
(2002年夏入院)
スポンサーサイト
中央区/病院 △ page top


| home |
Copyright © 2018 the★札幌精神病院★ミシュラン , All rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。