FC2ブログ
::スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 △ page top


::医療法人 長野病院
神科・神経科・内科・心療内科

診療時間は平日9:00~12:00・13:30~17:00
土曜9:00~12:00
日曜・祝日は休診

・住所:白石区中央3条5丁目(西白石小学校北向かい)
・JR白石駅から徒歩13分、場所がわかりにくい
・新館はきれいだが、鉄格子のある本館は…
・診察室はプライバシーに配慮したつくり
・売店はヤンキー姉ちゃん、品薄

nagano01-e.jpg

《評価》
雰囲気 ☆☆
施 設 ☆☆
立 地 ☆

《外来》
2002年~2009年現在通院中で、患者は老若男女様々です。
男性I医師の診察を受けています。
一見やる気が無い雰囲気ですが、話をじっくり聞いてくれます。
薬の処方に関しては無駄に薬を増やさないですし、薬の説明に関してはこちらが質問すれば答えてくれます。個人的には信頼置ける医師です。
因みに男性O医師は優しい雰囲気ですが、診察の評判は良くない様です。
カウンセラーは現在2名、どちらも若い男性と女性。2人とも頼りない印象でした。
デイケアもあり一時期通っていましたが、個人的に余りお勧め出来ません…。
以前話題になっていた副院長の奥様は、数年前にクリニック開業したとの事で現在は長野病院にいません。
入院経験はありませんが、本館は建て替えたので綺麗になっている様です。
(2002年~2009年2月通院中)

担当医は女医さん(恐らく副院長の奥様)です。
以前の体験談に書かれておられた「診察室の開けっ放し」は見受けられず、ドアは閉じています。
女医さんは処方する薬の説明を私が質問しない限りしてくれません。(副院長に診察受けた時は薬の説明してくれました。)
診察が予約制でないのも要因なのかもしれませんが、話も余りじっくりとは聞いてく
れませんが、「セカンドオピニオンとして一度他の病院で診察受けたい」と言った際には快くOKしてもらえました。
処方する薬の出し方も、いきなり強い薬出したり、同系統の薬を何種類も出したりせ
ず、慎重に処方してくれているので、その点においては信頼しております。
処方薬についての説明文書が付いて来ないのには不満を感じていますが(薬辞典で検索しています)。
担当医が話をじっくり聞いてくれない分は、カウンセラーの方に話し、
私の話やカウンセラーさんの考えを担当医と意見交換してもらっています。
私が2003年4月にセカンドオピニオンで行った病院は中央区の花園病院で、その際に
穏やかな感じの壮年期の女医さんに診察受けたのですが、診察室のドアが開けっ放しなのが不愉快に感じました。
処方薬に関しては薬剤師の人が説明してくれたり、説明文書が付いていて好感が持てました。
ですが、診察室が開けっ放しの点がどうしても引っ掛かり、花園病院へは1度しか行きませんでした…
が、花園病院で処方された抗欝剤がきっかけで病状が一時快方に向かいました。
これは長野病院の担当医に指摘された事です。
やる気出て、前向きな気持ちで考えることができるようになれました。
現在は気持ちが上がる時期と下がる時期(←専らこちらの方が多いですが)を繰り返しております。
日常生活が落ち着き今メインで通院している長野病院に不満が積もれば、また花園病院へ足を運ぼうかとも思います。
(2002年8月~2003年3月通院中)

nagano03-e.jpg

どういうわけか診察室のドアが開けっ放しで、中の会話が丸聞こえでした。
患者のプライバシーをなんだと思っているのでしょうか。
ある時、離脱症状を起こした患者が担ぎ込まれて来て、どうやら医者の誤診が原因だったらしく、「ごめんね~」と謝っていましたが、「ごめんね」じゃ済まないだろっ!と思いました。
それを目撃してから、通院するのをやめました。
(2001~2002年通院)

《入院》
1日だけの入院でしたがご飯はまずいし病室は古い、かなりどんよりとした感じでした。
いかにも「精神科病棟!」という雰囲気。
(2002年5月)

nagano02-e.jpg

開放病棟だったのですが、他の病院の閉鎖病棟並みに管理が厳しかったです。
ナースステーションを通らないと外に出られない、持ち物の制限がある。
CDウォークマンを持ち込もうとしたら、イヤホンのコードの長さが規定を超えているのでダメだと言われ、売店で病院指定のイヤホンを買わされました。
トイレの個室には、自殺防止用ののぞき窓がついていましたが、
患者の人権を侵害しているように思います。
入院したのは冬だったのですが、暖房をけちっているのか病棟内がとても寒くて、ベッドから出られませんでした。
家族経営の病院(院長、息子、息子の嫁)なので、病院の雰囲気が閉鎖的だと感じます。
息子の嫁の医者は評判がよくないです。
(2001年入院)

13歳から高校卒業までで止まっていたリスカが再発。軽い過食、嘔吐あり。
爆発して全身を自傷して驚き、翌日電話帳で探した病院へ。
「お酒は飲みますか?」との問診に「毎日飲みます、量は生1つ、ワインを2人で1本」と答えました。
「毎日飲むなんて…入院しますか?閉鎖がいいですよ、禁断症状でかなり苦しみますから」と言われ、「はあ~。そんな症状は出ませんよ。開放にしてください」と答え、すぐ入院することに。 
私はリスカが全身におよんで焦り、治したかったのですが、担当の女医さんはアル中と誤診。
入院生活は、薬とご飯を与えられ、あとはほっておかれます。もちろん人間扱いはされないし、看護婦もひどい。
何かを聞いたり不安を訴えても「ふーん」か「寝てろ」です。
薬の副作用でめちゃ喉が渇き、毎日差し入れしてもらっていたら、その差し入れも「毎日そんなに沢山…」と言われ、「いけないんでしょうか?なら薬変えて下さい」と言っても答えはなし。
副院長は息子連れで院内をうろうろしていますが、あとは隣の自宅にいるだけです。
他の患者もすべて、医者にはほとんど診察されていません。
そんな状態なので、親が怒って2週間で転院しました。
(2000年11月)
スポンサーサイト
白石区/病院 △ page top


| home |
Copyright © 2018 the★札幌精神病院★ミシュラン , All rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。