FC2ブログ
::スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 △ page top


::医療法人社団 林下病院
精神科・神経科・内科・消化器科

診療時間は平日9:00~12:00・13:30~16:00
土曜9:00~12:00
日曜・祝日は休診

・住所:南区澄川4条5丁目
・地下鉄澄川駅と自衛隊前駅の中間
・新しく、明るい雰囲気
・入院中は携帯完全没収

hayasisita01-e.jpg


《評価》
雰囲気 ☆☆☆
施 設 ☆☆☆
立 地 ☆☆

hayasisita02-e.jpg

《外来》
とある心療内科の先生の紹介で、友人の付き添いとして来院しました。
患者である友人は大学生なんですが、見知らぬ人がたくさんいるところにひとりで行くのが怖くてできない人です。
大学に友人などはいません。
男の先生でしたが上記の理由も聞かずに、学校に行かないと将来のちのちが大変だとか、病院で診
察すると費用がかかるし、学校にはカウンセリングの人がいるからそっちに聞いた方がいいと言われました。
また、学校仲間と留年とかでバラバラになるのはきついよ、などと言われました。
学校もひとりで行けないのに、こうゆう言い方ってどうかと…。
その後、別の病院のケースワーカーの方にこの対応を含め相談し、別の方法を教えていただきました。
(2009年2月)

3年前に行ったけど悪かった。
副医院長は話を聞いてくれましたが、医院長はろくに話を聞いてくれませんでした。
(2000年頃)

12年ほど前に通院したことがあります。
確か、院長先生に診てもらったと記憶しています。
母が親戚に勧められたとかで連れて行かれたのですが、
それまでかかっていた病院に比べ、急にお薬が多くなったのが印象的でした。
薬の副作用で初めて乳汁分泌が起こったときは、若かったせいもあり、
とてもびっくりして慌てて母に教えたところ、ものすごく怪訝な表情をされたのをいまでも忘れられません。
それが、薬による副作用だとわかるまでどんなに辛かったことか。
もう少し説明をしていただけたら…と思いました。
先生の対応は若い人には向いてないように思いました。
更年期障害とかでの鬱の方にはいいのかもしれませんね。
(1992年頃)

hayasisita03-e.jpg

《入院》
抑うつで2か月入院しました。
3病棟は急性期の閉鎖病棟で、看護婦も看護士もやたらと人数が多く、異常なほどでした。
患者もうるさい人とか殴る人がいて怖かったし、ケンカもしょっちゅうでした。
2病棟は慢性期でやはり閉鎖でした。静かな患者さんが多く過ごしやすかったです。
看護婦も多くなく、背が高くてかっこいい看護士さんもいました。
その人は話もよく聞いてくれたし、いい人でしたが、他の人はみんな偉そうで耐えられませんでした。
院長の回診が週に1回、2分くらいあるだけで、積極的に治療してくれる感じがありませんでした。
退院後は他の病院に通ってます。
(2002年入院)

スポンサーサイト
南区/病院 △ page top


| home |
Copyright © 2018 the★札幌精神病院★ミシュラン , All rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。