FC2ブログ
::スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 △ page top


::たのしま心療内科クリニック
心療内科 神経科 精神科

住所:東区北38東7丁目北栄メディカルビル2F
(北24条バスターミナルより「北49条東4丁目行」で「北37条東8丁目」下車、とんでん向かい)

診療時間は
月・火・水・金曜9:00~17:30
土曜9:30~12:00
木・日曜・祝日は休診

tanosima03-e.jpg

私は30代女性です。
不眠と、強迫神経症的な症状(ドアの鍵をかけたかどうか何度も確かめる、これでいいかどうか何度も人に聞く)に悩まされて仕事に行くこともできなくなりました。
「もうダメだ」と自宅近くのクリニックに電話したのですが「1 ヵ月先まで予約がいっぱいです」と言われてしまい、次に電話して「今日の午後なら空いてますよ」と言われて、初めて受診したのがたのしま心療内科クリニックでした。
午後から行ったんですが待合室には誰もいませんでした。
医師免許とか賞状が飾ってあって、お知らせなど手書きの紙が貼ってあって、がらーんとした年季の入った診療所という感じ。
受付のお姉さんは割と感じが良かったです。
看護師さんは化粧の濃いちりちりパーマの年配の人がいて、診察室とは別の部屋でヒマそうに座ってました。
呼ばれて入ったのは診察室というより、書棚があってTVがあって(確か)院長室みたいな部屋。
机の上に書類や本が雑然と積んであります。先生は小太りのおじさん風。
緑の手術着に白衣をはおってました。髪が茶髪で、妙に違和感がありました。
「どうしました?」と聞かれて、どこからどこまで話せばいいかわからないので、とりあえず主にツライ症状を話しました。
「うんうん」と良く相づちを打って聞いてくれているのですが、何だかさらっと聞き流されている印象です。
「仕事を少し休んだらどうだい」と言われたのですが、経済的なこともあるので「辞められません」と答えると、「薬を少し飲んでみるかい」と言われました。
「飲まないとダメですか?」と聞いたら、「仕事辞められないんだったら薬飲まないとダメだね」と。
何だかうわべの事を話しただけで、ばちっと強引に結論を出されたような気がしました。
その結論の早さについていけずにちょっと考え込んでしまったら「何か期待してきた?」とニヤッと返されました。
「カウンセリングとかもあるけどさぁ、あんなのやったって、いつまでも良くならないし、どうしようもないでしょ」
そして「今多いんだよねー、アナタみたいなケースは」
「結局は自分で何とかしないとならないんだよね」
「ま、とりあえずいい薬出してみるから。それ飲んでみて。ね?」
すでに書き込み終わった処方箋とカルテをそう言いながら片づけ始めたんです。
いかにも、もうこれで診察終了です。帰っていいよ、と言わんばかりな態度。
呼ばれてからこの間、約5分でした。
心療内科ってこういうものだったのか、と愕然としました。
辛くて苦しくて藁をもつかむ気持ちで、何とかしてほしくて雨の中、人混みにビクビクしながら公共交通機関を乗り継いでやっと行ったところだっただけに「何しに行ったんだろう…?」という気持ちでいっぱいになりました。
もうあのクリニックには絶対行かない。
(2004年9月)

2階建てのビルに4件の病院が入っているので、気軽に入れる感じ。
すぐ横には広めの専用駐車場も有り。
受付兼待合室は若干狭いが窓が大きく明るい雰囲気。
お姉さんは普段は無口で淡々と仕事してるが、話しかけると気さくに笑顔で返事してくれる。
平日の9~10時位と、土曜日は少し混むが、それでも待ち時間は30分ないと思う。
予約制じゃないので、いつでも気軽に行けるのが良い。
中には「毎日来てるおばあちゃん」もいるらしい。
診察室は割とゆったりした広さがあり、壁やデスクは若干乱雑。待合室との間のドアはしっかり閉めるので、よっぽどの大声じゃない限り何も聞こえない。
壁にはELTのヴォーカル持田のポスターが何故か貼ってある。
先生の印象は近所のおじさんって感じ。
症状をよく聞いてくれて、決して怒ったり焦らせたり落ち込ませたりしない。
むしろちょっとしたことでも誉めてくれる。
なにげない会話も覚えていてくれて、次からその話題を出してくれたりするので、一層気軽に喋り易いが、世間話で終らないように多少の注意も必要(笑)。
初診は問診表記載と血圧測定があるくらい。
薬についても、質問した事にちゃんと答えてくれ、症状に合う範囲で変更も可能。
32条や手帳についても申し出るとその場で手続きしてくれた。(印鑑必要)
系列の薬局は歩いて数メートルの場所にあり、薬剤師さん達も大抵気さくで、薬の変更などがあった場合は「今までの合いませんでした?」と質問してくる。患者1人1人の管理がしっかりしてるので安心感がある。
(2003年12月~2004年9月通院中)

私がこのクリニックに通い始めたのは、1999年からです。5年になります。
ここに通う前に重度うつ症状で4件の病院に通いましたが、どこも同じような対応で事務的な診察しか受けることしかできず、もう自殺寸前でした。
そして5件目にたまたま、みつけたのがこのクリニックでした。
まず入った時の印象ですが、受付は多分先生の奥さんだと思いますが笑顔で対応してくれて、その後待っている間も明るい感じでした。
初めて診察室に入ると、先生が座っており「こんにちは、どうしましたか」と話しやすそうな口調で症状を聞いてくれました。
診断も的確でわかりやすいものでした。薬の処方も私の症状にぴったりでした。
先生の特徴ですが、患者の目線までおりて診察してくれます。
私の興味ある世間話などもおりまぜてくれます。
先生のカウンセリングと的確な薬の処方で、今では大変良い状態が続いており、感謝の一言です。
今の病院で改善が見られないという方には、一度試してみる価値ありです。
(2004年7月通院中)

医師は普通のおじさんという感じ。
そのほか、看護婦と受付。大体すいている。
患者の話を聞くというより、世間話が多い。
結構、欲しいクスリを出してくれる。
ある時、レキソタンより弱いクスリを希望したら、
「じゃあ僕の飲んでいるソラナックス(ワイパックス?)を処方しましょう」と言われたことが。
(2001年6月~2001年9月)
スポンサーサイト
東区/クリニック △ page top


| home |
Copyright © 2018 the★札幌精神病院★ミシュラン , All rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。