FC2ブログ
::スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 △ page top


::優メンタルクリニック
心療内科・精神科

住所:中央区北4条西3丁目成友ビル6F
(地下鉄さっぽろ駅(5番出口)直結、札幌駅南口から徒歩1分)

診療時間は9:00~17:00  

2009年4月開院

日曜日にやっている、午前午後診療と分かれていない、駅周辺、初診予約等が無いのは良いと思いました。
受付スタッフは私語が多いように感じました。仕事は淡々とこなしているような印象でした。
診察は初診時は他の方のような感じで質問されて答えました(彼氏はいるの?の問いは私も疑問でした)。
前回調子が悪くなり、行ったところ、以前はいなかった、カウンセラーが診察に同席していて、(カウンセリング希望等は出してないです)その時に「この患者さんはこういった症状で来てますから」と初診時に聞かれた生い立ちから何から何まで全て読み上げられ、初対面の第三者に筒抜けと感じ、とても不快な思いをしました。
投薬については、院内処方という点では便利だと思います。ただ、私の場合は慢性的な不眠なのですが、寝る前に処方された薬をネットで調べた所、何故か別の病気の薬でした。一応飲み続けたのですが、副作用が酷く、次の診察でその旨を伝えたところ、またその病気のほかの薬を処方され、また副作用…肝心の睡眠は質の良い睡眠は取れずじまい… 薬の知識は豊富なのか?と疑問に思いました。
薬はともかく、上記の不快な思いがまだひっかかっているので、ここでは頑張れそうにないです…
(2009年8月投稿)
★薬について不安な点は薬剤師さんに相談してみてはどうでしょう?(fromアローゼンズ)

今まで通院していた病院で心が折れてしまい、転院を決意。泣けるばかりで頓服を飲まないと頭痛がひどかったので、カウンセリングもしていて紹介状も不要。予約制ではなかったので、すぐに行ってみました。受付の方は電話では感じが良い印象でしたが、行ってみると女性2人でずっとおしゃべりしているのが耳障りで、派遣かなという印象でした。
待合室は写真の通りでしたが、狭い感じで、何より椅子がリラックスできない形で肩凝りがつらかったです。テレビは必要ないと思いました。精神的疲労に電磁波は体に悪いです。
待ってる人たちは殆ど連れ、付き添い有りでしたが、談笑してたりと、どこが悪いのかなと見受けするような、軽症な感じの人ばかりでした。
問診表を書き、眠って待っているうちに診察室に呼ばれました。体格も声も大きい先生で、私には少し高圧的に感じました。
クチコミでは、ゆっくりと話してくれるとありましたが、非常に早口というか、矢継ぎ早の質問攻め。問診表を読まずに質問をされ続けました。
「何人暮らし?」「父親は何歳ですか」亡くなっています。「何歳で亡くなりましたか」53歳です。「それはもったいなかったですね」…私には、もったいないという言葉では済まないですが…「では、何と表現しますか」…無言になりました。「母親は何歳ですか」問診表にも書きましたが、亡くなりました。それから調子が悪いんです。両親の職業にも言及。H大で働いていたというと、かなり興味を示していました。
「彼氏はいますか」(この質問にはかなり驚きました)「彼氏の職業はなんですか」暫く連絡を取っていない状態と答えると「形だけの彼氏ってことですね」(カッチーン。彼は癌で抗癌剤治療中でした)
こんなやりとりが短い時間に延々と繰り広げられ、「前の病院はなぜやめたんですか、話聞いてくれると聞きますが」ことの経緯を話し、つらかったのですぐにこちらに来たと話しましたが、興味はなかったようです。「薬切れる頃に来たら良かったのにね」と言われ、その日はそれでおしまい。
受験した高校や、受かった高校名まで訊かれましたが、家族の神経症歴など一切訊かれず、「だんだん輪郭が見えてきましたよ」と言われました。無駄な時間でした。
(2009年8月投稿)

●受付:まるで事務処理をこなすかのように、淡々と応対してました。よく言えば、さばさばしている。悪く言えば、冷たい印象です。
●問診表:初診だったので問診表を書いたのですが、その場では書きにくい項目も少々あったように感じます。もし余裕のある方は、ホームページから問診表を印刷して記入してから行くとスムーズかと思います。
●待合室:日曜日に伺ったのですが、付き添い含め10人程度の方がいらっしゃいました。
椅子は全部で12脚程度だったかと思います。テレビと雑誌が少々、そしてミネラルウォーターとキャンディーが置いてありました。少々狭いので、人が多い時は待ち時間の残りを聞いて近隣のデパートなどで時間をつぶしてもいいかもしれません。喫煙者の方は、クリニックを出てすぐにあるエレベーターの前に灰皿が置いてあったので、そちらで時間をつぶすもよし。
あと、他の方が書いてあるとおりのことになりますが、クリニック内では靴を脱ぐことになるので、気になる方は靴下を履く、もしくは自分でスリッパを用意すると安心かも。
●診察:診察室に入ると、まず名刺を渡されました。次に簡単に挨拶をしたあと、現在感じていること、症状、家族構成、友人関係、(何故か)恋人の有無、それらの人達の性格、いいところ、悪いところ、今までの生い立ち等を聞かれました。細かく聞く割にはあまり回答を待ってくれません。ただ、しっかりとカルテに書きとめていたので、話は聞いてくれていたのかと思います。
ちなみに、この時私は1人で受診したのですが、「誰でもいいから一緒に来れないか?」と聞かれました。どうやら、周りの人の協力を得て治していこう、というような治療方針のようです。そして、診療の最後に「次回は誰かと一緒に来てください。貴方は病気じゃないので、必ずそれで治ります」と仰ってました。こちらの先生は、薬物療法をあまり好まないようで私は軽い睡眠障害なのですが、薬の処方は一切なしでした。
●会計:処方箋なしで2500円程度でした。薬は院内処方もあるようなので便利かと思います。
●その他:予約制ではないので私生活の都合に合わせることが可能です。
薬物療法を望まない方、周りの方の理解があり一緒に通院が可能な方、にはオススメできるかと思います。
私は先生との相性もあまりよくなかったので、別の病院へ行くことにしました。
(2009年7月投稿)

札幌駅すぐ、予約不要、休診日なし。土日も診療しているのでありがたいです。
今年開院したばかりのクリニック。初診で行きましたが非常に混みあっている感じです。
ただ、初めに問診した後に詳しく話をするまで時間が出来るので、その間は外出可能です(受付にはきちんと言いましょう)。札幌駅のそばなので、そういう意味では待ち時間中に他の用事が済ませられて便利だと思います。
先生もきちんと話を聞いてくれて丁寧な感じです。
できれば両親と来るように勧められました。実際に親子での来院も多かったです。
(2009年7月投稿)

前のクリニックでは、結局匙をなげられた形となったのですが、近くに新しく開いたばかりのクリニックがあると紹介を受けホームページを確認してから受診しました。
空いていたせいか、十分時間をかけてもらえました。希望が持てそうな気がして、安心しました。
受付の女性も親切です。室内はきれいで、スリッパが無くじゅうたんの上を歩きました。
今後期待したいクリニックでした。
(2009年4月)
スポンサーサイト
中央区/クリニック △ page top


| home |
Copyright © 2018 the★札幌精神病院★ミシュラン , All rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。